ここから本文です

身体を売ったらサヨウナラ (2016)

監督
内田英治
  • みたいムービー 84
  • みたログ 216

2.95 / 評価:181件

解説

かつてAVに出演していたことが暴かれた、元新聞記者の鈴木涼美による自伝的著書を映画化。昼と夜で異なる世界を生きながら幸せを求めるヒロインの姿を描く。監督は、『下衆の愛』などの内田英治。主演は、『恋の渦』などの柴田千紘。体を張って主人公を演じる柴田の演技、劇中に挿入されるAV監督やAV女優たちへのインタビュー映像が印象に残る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

有名大学から東京大学大学院修士課程に進んだ後、大手新聞社で記者をしている29歳の鈴木リョウコ(柴田千紘)。彼女には、AVに出演していた過去があった。夜になると友人のケイコ(内田慈)やお金持ちの彼氏の光ちゃん(原田篤)らとホストクラブ通いの日々。さらに、一向に芽が出ないミュージシャンの玲(久保田悠来)という恋人もいたが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ