レビュー一覧に戻る
サーフズ・アップ2

サーフズ・アップ2

SURF'S UP 2: WAVEMANIA

83

β-カロテン

2.0

ネタバレ製作しなくても良かったかも…

前作が観る度にじわじわ好きになった作品でした。 この作品の特徴はテレビ番組のインタビュー形式でストーリーが進む事ですが、まずそこで好き嫌いが分かれると思います。 本作もインタビュー形式でストーリーが進みます。コディのいる島に彼の憧れていたハング5(伝説のサーフチーム)が突然やって来るのですが、ハング5のリーダー・マクマホンが引退するのでチームに新人を1匹加えたい。そこで試験も兼ねて仲間とタンクと共に危険な海域の島トレンチに向かうーー感じの流れです。 トレンチ島ではサーファーの遺跡や砂丘、溶岩と様々な見所シーンがあるにも関わらず、何故か全く面白いと感じない……いきなり現れた新キャラ達が仕切っているので、観ている側はまだ新キャラ達に親近感がもてず、置いてきぼり状態だったからかもしれません(^^;) しかもタンクが明らかにコディの邪魔をしたり、けしかけたりしているのをハング5が認知しているにも関わらず、みんなから責められるのはコディのみで、観ていてとても不快になりました。コディの彼女のラニもさりげなくコディにタンクみたいな奴には負けちゃダメよとけしかけていたのに、裏目に出てしまった結果だけ見てあの態度は……がっかりです。 タンクに関してもハング5が連れてきたにも関わらず、彼が雷の中のサーフィン中、ボードから落ちて(ハング5に落とされたと言ってもいいかもしれない)危険な目に遭っていても気付きもしないし、もちろん助けもしません。ただ、ハング5の1匹が雷にうたれて落ちた時は動揺したり助けにも行きました。 タンクはどのみち新しい仲間として選ばれない&噛ませ犬役のキャラだから製作サイドはそれでいいのかもしれませんが、ハング5は常に“仲間は支えあう”、“仲間は家族だ”的な事を言っていたので、正式メンバーじゃない奴はどうなろうと知らない意識のこのチームは最低だなと思いました(T▽T)サーファーからリスペクトされている設定も受け入れ難いです。コディがこのハング5に入らなくて本当に良かったです。 内容は好きになれませんでしたが、BGMはサーフィンらしい爽快な感じで良かったです。 後、ENDロール中のNG集好きです(^^) チキン・ジョーはやっぱり一番好きなキャラだなぁ。笑

閲覧数285