レビュー一覧に戻る
コードネームBT85 大統領暗殺を阻止せよ!

fg9********

3.0

尺も80分と短いので、観て損はない程度かな

 …あらすじは解説の次のとおりと書こうと思ったら空欄で、レビュー数も未だ0件だ。  よっぽど人目に付かない作品なんだな。  でも、最初のレビューだなんて、なんだかとっても嬉しいなぁ。  2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降、CIAはBT85と呼ばれる秘密部隊を結成し、アメリカ国内における対テロ監視体制を強化するのだった。  しかし、それから歳月が流れて、当時のフォード大統領は、BT85が憲法に反するとして部隊を解散させる姿勢を表明するのだった。  で、そのこと快く思わない悪党どもは、元CIA捜査官のジョン(ジョニー・メスナー)の家を急襲し、彼の愛する妻子を人質に取って、ジョンにフォード大統領を暗殺せよ、さもないと妻子の命は保証しないぞと脅迫するのだった。  で、その悪党どもを陰で操っているのは、なんと!CIAの大物幹部なのだった。  ジョンも悪党どもに捕まってしまうのだが、此奴らをぶち殺して妻子の行方を捜そうとするものの、今度は殺人者としてトム・ウェストン刑事に追われる羽目にもなってしまうのだった。  果たして、ジョンは、刑事の追撃をかわしながら妻子を奪還し、悪党どもの陰謀を阻止できるのか?といったストーリーだ。  なんか~、ストーリー的にはアルアル感丸出しだったが、トム・ウェストン刑事を演じているのがマイケル・パレで、最後にはジョンの相棒ポジションに収まって悪党どもをやっつけるラストはそこそこ盛り上がり、尺も80分と短いので、観て損はない程度の2.6点といったところかな。  (メモ 総レビュー数:2837件、2018年度:22作品目)

閲覧数470