2017年7月7日公開

ボンジュール、アン

BONJOUR ANNE/PARIS CAN WAIT

922017年7月7日公開
ボンジュール、アン
3.4

/ 278

14%
37%
29%
13%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

仕事ばかりの映画プロデューサー・マイケル(アレック・ボールドウィン)の妻で、子育ても一段落したアン(ダイアン・レイン)は、ひょんなことから夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)の車に同乗してカンヌからパリに戻ることになる。ところが、単なる移動のはずのドライブは、おいしい食事や南フランスの美しい景色を楽しむうちに充実したひと時となり……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(40件)

楽しい18.7%ロマンチック15.4%ゴージャス11.0%知的9.9%コミカル8.8%

  • pix********

    5.0

    もっと観ていたい

    観ている側も心地良くなる映画。それから、ダイアン・レインは上手に歳を重ねてますね。

  • とっちりんこ

    2.0

    ダイアン・レインありきのオシャレ映画?

    歳を重ねても自然体で、好感度の高いダイアン・レインだからそれとなく いい雰囲気の映画風に仕上がってますが、さすがにこの手の作品にダイアン・レインを乱用しすぎ… トスカーナの休日はまだ良かったけど、最後の初恋とこちらはもう内容が薄い。 美しいダイアンを鑑賞する為の映画と思えば良いのでしょうが、食べて食べて食べて、また食べて…ちょろりと祈って… おフランスの観光PRには持ってこいの作品ですが、所々に日本をちりばめるのも今 イケてるんでしょうかね? お辞儀や魚と海藻とか、着物風のガウン、俳句など。 まあダラダラと長いので最後の辺りから早送りして観ました。 だってこのフランス人のおじさんが いまいちしっくりこないんですもの。 それに…終わり方が酷すぎてありえない。

  • スノープリン

    4.0

    秘密に気づいた?

    美しく楽しい映画でした。 一つ一つの画面が、絵画のように美しく、心が休まるキュートな映画でした。 最初のホテルの場面で監督本人が雑誌を読みながら座ってるのに気づいたときは、嬉しくなりました。お茶目な女性ですね。

  • Tcode

    4.0

    旅に出たくなりました

    数年前までたまにヨーロッパに一人旅に行ってましたが、最近は仕事も忙しく、なかなかまとまった時間が取れないのを理由に中止していました。 この作品を観て、また出掛けたくなりました。 自由で気ままな旅はいいものですね。

  • 太郎

    3.0

    何故かロードムービーは苦手

    いい加減な男にもゆっくりな旅にも憧れるが、私には出来ない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ボンジュール、アン

原題
BONJOUR ANNE/PARIS CAN WAIT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル