ここから本文です

あゝ、荒野 前篇 (2017)

監督
岸善幸
  • みたいムービー 259
  • みたログ 1,447

3.69 / 評価:1160件

菅田将暉は魔物だ!

  • mil***** さん
  • 2017年11月16日 22時41分
  • 閲覧数 3429
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

菅田将暉は魔物だった。
無敵の美しい横顔を持ち
今や飛ぶ鳥を自ら飛びながら捕まえる勢いのスーパースター!

「あゝ荒野」いやはやこれぞ映画。

私は「あしたのジョー」の影響でボクシングが好きだ。
拳闘は一番シンプルで、それでいて何より美しい
ボクシングやる人は、最高の究極の変態だと敬ってやまない。
いろんな人の人生を乗っけられて
戦うボクサー。
精神力と集中力は神通力だ。

菅田将暉、荒ぶるボクサーになっていた。
映画の中でシンジとして5時間飽きさせず観させる闘う男だ。
有無を云わせず魅了する。
ドラマよりも映画での彼は何より輝く。

日活ロマンポルノばりの猛るファックを演じる
24歳菅田将暉!もぅ魔王だ。
寺田 農 と名美のロマンポルノを彷彿とさせる情愛だった。
後編ではバリカン建二役のヤン インチュンが菅田将暉をも喰う勢いで素晴らしかった。
ドモリと赤面症と童貞の、
しかし、ただただ優しく
臆病に愛を乞うバリカン建二
背中や表情、書く文字や、歩幅 、
歌声までも
全部、臆病な建二そのものだった。

ラスト間近のボクシングシーンは
ほんとにボクシングをみてるようだった息をのむ 一打一打。
観客からすすり泣く音がしてる。
2時間半の長い映画だから、
おしっこパンパンなはずなのに、
誰一人エンドロールのブラフマンが終わるまで席を立たなかった。
立てなかった。
私も映画をみて初めて過呼吸になり、
手が痺れて頭がボンヤリした。

この「あゝ荒野」を観てた、
菅田将暉をよく知らないおじさんやおばさんやお爺さんや ボクサーみたいな若者達
みんな見終わった後、
何とも満足なキラキラした目で帰っていった。
ほんとに菅田将暉 スターだ
本物のボクサーみたいだ
皆の人生を背負って
見事、闘いきった。

青臭いけど生きる息吹みたいなものを
もらえる映画なんだと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ