レビュー一覧に戻る
おしゃれキャット

おしゃれキャット

THE ARISTOCATS

78

jag********

5.0

70年代の古き良き品の良さ

「おしゃれキャット」ってマリーのキャラのみで内容を知らなかったが、安心して見れる上質の良い作品。 ヒロイン・ダッチェスが上流階級のセレブの猫だからであっても、旅の途中で出会う双子のガチョウや、田舎の猟犬たちものどかでどのキャラにも不安を感じない。 草笛光子のようなボンファミーユ夫人やダッチェスの日本語吹き替えの女優さんも大正・昭和初期生まれの方はやはり上品。 ダッチェスとオマリーの恋でダッチェスの言う「ベイビー」はハンフリー・ボガードをイメージさせる。 この時代のディズニーのなめらかなアニメの動きやオリジナル作品にこそ、リスペクトに値するものがあった・・・古き良き時代は過ぎ去りし。

閲覧数212