ここから本文です

約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~ (2014)

TAKE ME TO THE RIVER

監督
マーティン・ショア
  • みたいムービー 20
  • みたログ 36

4.10 / 評価:29件

解説

アメリカ南部テネシー州のメンフィスから生まれた音楽とミュージシャンをめぐるドキュメンタリー。同地が輩出した、さまざまなジャンル、世代、人種のアーティストたちが結集してセッションを行う姿を活写する。監督は、『ダーク・タイド』などに携わってきたマーティン・ショア。メイヴィス・ステイプルズ、スヌープ・ドッグ、ブッカー・T・ジョーンズ、ボビー・ブルー・ブランドらが参加。豪華な競演と共に紹介される黒人差別の歴史に考えさせられる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

アメリカ南部テネシー州のメンフィス。メイヴィス・ステイプルズ、スヌープ・ドッグ、ブッカー・T・ジョーンズ、ボビー・ラッシュ、ウィリアム・ベル、オーティス・クレイ、ボビー・ブルー・ブランドといったアーティストたちが、一堂に会してセッションをすることになった。黒人たちが受けてきた差別の歴史にも触れながら、さまざまな名曲、名盤が生まれたロイヤル・スタジオなどでの競演の模様が映し出される。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ