レビュー一覧に戻る
世界は今日から君のもの
2017年7月15日公開

世界は今日から君のもの

1072017年7月15日公開

Obst

1.0

違う、そうじゃない

尾崎将也のテレビドラマは好きだったので、期待してみたところ 俳優にどうゆう演技指導してこんな事になるのでしょうか。 YOUは想定通りの母親を演じてるけど、YOUの物真似してるタレントみたいで極端。主人公の小沼真実は引きこもりが問題なのじゃなく、親がバカで子供の特徴を全く気がついていなかった事ではないの? 今時、学校に行かないというのは大きいハンデではない。大検も通信教育もあるし、専門的な高等学校もたくさんある。都会の街に住んでいるならどこでも通学させればいいのに。引きこもりというが、部屋は明るく交友する幼なじみもいる。それで、仕事をしろ、仕事こそが大人の責務といい、古い価値観の美徳がベースになってる。この子は引きこもりとはちょっと違う。 サバゲーの表現もおかしいが、さらに、会社にモデルガン持って行くってギャグ表現というより犯罪では? 恵利香というサバゲーの達人のような女性が連れてきたキモい引きこもりの親を集めてセミナーをする男は、何を表現したいのだろうか。だいたい、冗談でもレイプしようとした男の頼みを無条件で聞くって正気? 会話の繋ぎもいいとは思えず、映画でなく深夜30分のドラマ枠ならいいんじゃないの。 エンディング 藤原さくら「1995」は素晴らしい。 あと、セミナーに来ていた小学生か中学生かの女の子は可愛いです。

閲覧数402