レビュー一覧に戻る
ケイト・プレイズ・クリスティーン
2017年7月15日公開

ケイト・プレイズ・クリスティーン

KATE PLAYS CHRISTINE

1122017年7月15日公開

tcp********

4.0

ネタバレプラセボと薬

初めからプラセボを知って飲むのと、本物の薬と信じてプラセボを飲むのと、同じものを飲んでも効果が変わるという。ドキュメンタリーを「本物の薬」、フィクションを「プラセボ」と言い換えてみよう。 本作が複雑で面白いのは、ケイトがクリスティーンを演じる「フィクション」を映画で追う「ドキュメンタリー」であることだ。初めはクリスティーンの自殺に興味を抱くケイトとこの映画を観る観客自身、複雑な苦しみゆえに自殺したクリスティーンにどんどん入り込んで、ケイト自身がクリスティーンと同化してゆく姿、これは「フィクション」なのか、それとも「ドキュメンタリー」なのか。演出なのか真実なのかがわからなくなる構成が秀逸。

閲覧数396