ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~
3.1

/ 102

4%
26%
49%
16%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(20件)

恐怖23.3%不気味18.3%パニック13.3%絶望的11.7%不思議8.3%

  • yanko

    2.0

    タイトル通りと言った感じ

    ホラー好きからすればよくある展開のストーリーで、それなりに怖い描写もあってストーリーとしても辻褄が合うし面白いものでした。 ホラー初心者からすると、怖いなってしっかりと感じる映画だと思います(笑)

  • unm********

    4.0

    久々の強烈ホラー、良作!

    監督はホラー専門の方ですね、本作は前作の前日譚となり、レベルアップしつつ結構コワイです。 最初、何このタイトル?と思いましたが、タイトル負けしてない内容となります。 死霊館シリーズ、インシディアスシリーズとはまた別の角度から観れる作品ですね、予算の都合で比べたら評価は下がるでしょうが、設定含めたらホラーヒット作品に並ぶ内容かとも思います。 前半のあらすじだけ↓に書きます。 生活苦からイカサマ降霊術で嘘の降霊をしかけ適当に良い言葉を言い遺族を安心させる、いわゆるインチキビジネスをやっているシングルマザーとその娘2人のトラウマ級の怖いお話。 イカサマ降霊とは知らない幼い次女は言う。「天国のパパとなぜ話せないの?家にくる他の家族達はみんな天国の家族と話してるのに。」 同時期、長女が友達とウィジャボードという死者と話せる降霊術に使うオカルト道具を友達の部屋で行う→ママもそれを降霊の演出として使用しようと購入。 しかしある日、次女がそのボードを使っていると、亡きパパが降霊し家にいると言い出す。 そこから家に奇怪な現象が起こり始める。次女がインチキ降霊なのに他人の真実を言い当て、他言語で日記を書いたり等、雪崩の様に怪奇現象が。 次女の変貌に戸惑う長女と、明らかに変わり果てた次女は亡きパパと交流していると信じるママ。 そして更に次女を利用し商売をやめないママに 霊魂と関わるのは危険ですよと娘たちが通う神学校の神父の先生が警告。 しかし次女がウィジャボードを使って降ろしたのは亡きパパでなく、とんでもない「別のもの」であり、そのウィジャボードの箱に書かれていた使用に関してのあるルールを破っていました。 後半部、神父の協力のもと(伏線を回収しながら)次女に憑依した「別のもの」を調べ始めると大変恐ろしい事が明らかに、、という展開となります。 携帯もない時代背景もよく、しっとりした雰囲気と突如、襲いかかる怨霊の緩急が良かったです。 グロシーンはあまりないですが、かなり脅かし要素や心理的に残酷な描写もあるため、ホラーにある程度の耐性がついた方にオススメします。

  • sar********

    3.0

    悪霊が全部悪い系

    いまいち世界観に入り込めませんでした。 演出も関係してるかもしれませんが、お話的に・・・。 導入部は逆効果かもしれません。

  • tac********

    3.0

    ネタバレ近代版エクソシスト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lov********

    3.0

    つけ込むよねぇ

    怖い怖い

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~

原題
OUIJA: ORIGIN OF EVIL

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル