ここから本文です

ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択 (2016)

CERTAIN WOMEN

監督
ケリー・ライカート
  • みたいムービー 12
  • みたログ 44

2.83 / 評価:30件

モンタナの風に吹かれて…

  • bakeneko さん
  • 2018年4月20日 11時39分
  • 閲覧数 507
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

マイリー・メロイの4つの短編小説のエピソードを、同じモンタナの町周辺に住む4人の女性の出来事として語ってゆく女性ドラマで、それぞれの人生の1ページを切り取って見せて行きます。

企業の労災支払いを誤魔化されて自暴自棄になっているクライアントに手を焼く弁護士のローラ=ローラ・ダーン
新居を造る事に執り憑かれているジーナ=ミシェル・ウィリアムズ
生活を支えるために遠い道のりを通って夜間学校で市民向けに法律を教えるエリザベス:クリステン・スチュワート
牧場で馬の世話をしながらキャリアアップを考えているジェイミー=リリー・グラッドストーン
の邂逅とすれ違いを淡々とした描写で綴ってゆく女性ドラマですが、企業への不満が高じて人質立て籠もり事件に発展する-ローラのエピソード以外は、大きな事件のない地味なエピソードとなっていて、登場人物の心理はよく描かれていますが面白みに欠けます。
それでも、「モンタナの風に抱かれて」でも描かれた牧場の様子や何の変哲もない北西部の生活を見せてくれる作品ですので、平凡な生活を送る女性達の小さな冒険を見つめましょう。

ねたばれ?
本当にサモアの王子なのかなあ~

(おまけ-ヒロインが奮闘するフランス映画の紹介を…)
サルをパーティーに連れてきても良いんだ!
「ヴィクトリア:Victoria」(2016 フランス 97分)監督:ジュスティーヌ・トリエ
出演:ヴィルジニー・エフィラ、ヴァンサン・ラコスト、メルヴィル・プポー
『大人の恋の測り方』で日本でも馴染みのある-ヴィルジニー・エフィラの女弁護士の仕事とプライベートでの奮闘を活写してゆくコメディで、「ソルフェリーノの戦い」でもシングルマザーの子育てと仕事での劇忙のヒロインを活写した女流監督:ジュスティーヌ・トリエは同性ならではの連帯感で“働く女の奮戦”を見せて行きます。

男友達が訴えられた痴話喧嘩訴訟に巻き込まれた女弁護士の、子育てや恋愛まで含めた狂騒の日々をフランスの風俗&感性も絡めて活写してゆく作品で、なかなか本格的な裁判のディベート合戦や男女の恋模様などが賑やかに展開します。

女性が男と同等に仕事をするのも、
バツイチ&シングルなのも、
子育てにも全力投球なのも、
…当たり前な情景にフランスの女性の強さとフランスの人口が増加に転じた原因を見ることの出来る映画で、激務の中でもパーティーに参加して夜通し遊ぶヒロインのフィジカルな頑健さにも驚かされますよ!

ねたばれ?
フランスの女性ってノーパンが多いのかな?

こらっ おとなしくしてれば調子に乗って…あまり弄り回すんじゃない-犬
「ソルフェリーノの戦い」(フランス/2013年/94分)
監督:ジュスティーヌ・トリエ
出演:レティシア・ドッシュ、ヴァンサン・マケーニュ、アルチュール・アラリ
働く女性達の応援映画を撮り続けている-ジュスティーヌ・トリエ監督のデビュー作で、TVのレポーターをしながら幼い2人の娘を育てているヒロイン:レティシア・ドッシュの長い一日の戦いが描かれます。
2012年5月6日=サルコジがオランドニに破れた大統領選の第二回投票の当日、TVレポーターのレティシアは社会党本部があるソルフェリーノ通りの群集を取材するために現場に向かう。丁度その頃、別れた元夫:ヴァンサン・マケーニュが娘達に会おうとしてアパートを訪れて子守達と悶着を起こしていた。子供達の危険を感じたレティシアは娘達をソルフェリーノ通りに連れてくるように頼むが、既に通りは大混雑になっていて…というお話で、ヒロインの孤軍奮闘と男達の使えない&自己中が対比的に描かれてゆきます。
実際に現場にロケした群集シーンは圧巻で、セミドキュメンタリー的な臨場感がありますし、子供や犬への優しい視線と扱いの上手さは女性ならではであります。
レティシア・ドッシュは着替えシーンのオールヌードを含めて体当たり熱演していますし、ヴァンサン・マケーニュはこの頃からオタク男を演じると抜群のリアルさを現出していたことが分ります。

ヒロインの長い一日の奮闘を本物の歴史現場ロケで活写した力作ですが、根底にある親子の情やヒューマニズムはフランス映画の良さを見せてくれますよ!

ねたばれ?
歴史上のソルフェリーノの戦いは、第二次イタリア独立戦争中の1859年6月24日、イタリア北部ロンバルディア地方のソルフェリーノを中心に行われた戦闘で、ナポレオン3世率いるフランス帝国軍とヴィットーリオ・エマヌエーレ2世率いるサルデーニャ王国軍の連合軍が、フランツ・ヨーゼフ1世率いるオーストリア帝国軍と衝突し、フランス・サルデーニャ連合軍が勝利した戦いを指します。この勝利でフランスとオーストリアの間で和平条約が結ばれ、オーストリアはイタリアに対する影響力を喪失しました。
その勝利を記念してオルセー美術館の近くの通りをソルフェリーノ通りと改名したのです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ