レビュー一覧に戻る
隠された時間
2017年8月19日公開

隠された時間

VANISHING TIME: A BOY WHO RETURNED/HIDDEN TIME

1302017年8月19日公開

oir********

2.0

時間停止の「光る卵」。茫洋とした情緒劇

子供たちの危険な遊びで見つかった「光る卵」。それを割ったら全世界の時間が停止(島だけでは辻褄が合わなくなるので全世界的規模だろう)。しかし割れた卵の放射線を浴びた3人の子供だけが自由に動き回れる。 したい放題の盗み悪さにも飽き、一人は子供内に病死、もう一人は大人に成長後海に飛込み死亡。残された青年一人が島を彷徨うがとうとう絶望し海に飛び込む。しかし月が一巡りしたタイミングだったため、自分は大人になったまま停止していた時間が動き始める。・・・ アイデア自体はタイムリープものの亜流という感じで目新しさは感じない。 最初はあの卵は有害放射線を放つウランなどの放射性物質と思っていたが、純粋に時間停止機能をもつファンタジーエッグだったんだね。となるとその生成と由来が気になるところだが説明が全くなかったためもやもやが生じ終り迄持続することになる。 その後の展開は散漫気味でストーリーに引き込まれることはなし。 時間が停止しなかった現実世界では子供の死体は見つかったが、青年になってから飛込み死した死体は見つかっていない。この点も引っ掛かるところ。 ※主役男子が青年になった姿で海岸に打ち上げられたのであれば、同じタイミングで先に飛び込み自殺をした青年の死体も打ち上げられるか、もしくは海を漂っていなければならない。 3人とは別行動をとったために一人現実世界にとどまった少女の言動もかなり揺れ動き、こちらも同情的にはなれず煙ったくなるようなネガ感に囚われる。 総体としてこれといった強い感情刺激も知的好奇心もわき起こることがなかった茫洋として凡作という印象。 1.8の二つ星 1.5倍速で緩慢と感じたくらいなので普通速だとかなりじれったくなるような展開だっただろう。

閲覧数615