レビュー一覧に戻る
さよなら、ぼくのモンスター
2017年7月16日公開

さよなら、ぼくのモンスター

CLOSET MONSTER

PG12902017年7月16日公開

mnk********

3.0

青春はモヤモヤ。

青春映画も変わってきました。 昔ティーンエイジの映画といえばアメリカの 青春!といった作品が代表格でしたが、 いよいよゲイの映画監督が自身の自伝的要素を 題材に描き出してきたという流行。 (製作年はこの作品の後になりますが、 『ハートストーン』もそうでした。) 同性愛者が主人公もしくは同性愛傾向のある 登場人物などが特徴的な作品を発表する、 既に若くして巨匠の如く認められた グザヴィエ・ドラン監督の功績があったからこそ の、後に続け~のようにも思えます。 思春期や青春は、それは繊細で。 決めつけていいのかわからない感情で押し潰され そうな日々。親のことや進路や自分の才能や 気になって仕方ない相手のこと。 いまひとつ脚本が未熟だがモヤモヤ感は評価。 なにより主役の男の子は最高のキャスティングでした。

閲覧数1,336