2017年7月1日公開

善惡の刃

NEW TRIAL

1192017年7月1日公開
善惡の刃
3.9

/ 145

30%
39%
27%
3%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(25件)


  • ken********

    3.0

    冤罪に立ち向かう良作品

    簡単に言うと冤罪の話。 しかし、実話を元にしていてそれが信じられない。 昔ながらの武闘派の悪徳刑事に睨まれた青年が 殺人犯に仕立て上げられ10年ぶち込まれてしまう。 それをたまたま担当した弁護士に救われるという内容だが 思ったより重くしていないところが見やすくて良いと感じた。 弁護士役のチョンウが日本で言うところの大泉洋みたいなキャラで どこか抜けているのだけど、正義感が強いという何とも言えない 青春映画すら感じさせる爽やかさがあった。 タイトルから感じるような切実な感じがなく 悪と真正面から戦う姿が凛々しい作品だ。 韓国はグロいところはグロい。 誠実なところは徹底的に誠実に行くというところがはっきりしていてよい。

  • さくら

    3.0

    ひどすぎる

    実話を基にしたフィクション。2000年8月に起きた事件。こんな腐った国を日本は相手しないといけないのか。検察と警察がグルになってでっち上げるなんて、そんなことされたら勝てっこない。 あまり観たことのない役者さんたちが出ているせいか、余計に感情移入してしまう。

  • 辰っちゃん

    4.0

    まあまあ

    まあまあです。韓国映画あるあるをそのまま描いた感じ。お金至上主義の主人公弁護士が青年と心を通わせていくうちに正義の弁護士に変わっていく所が胸熱ポイントですね。

  • nak********

    3.0

    韓国映画あるある

    いつも通り悪者は刑事、判事、役人、代議士、一流企業。賄賂、殺人隠し、何でもあり。必ずカークラッシュ。役者の名前は覚え難いけど日本人役者に似てる人多し。これが実話を元にしてるとは、相変わらずこの国の闇を描くのは上手い。

  • なつ

    3.0

    Hulu

    韓国の実話系の映画は大好物なんだが、これはなんか予想通りすぎるストーリーで物足りなかったかなぁ。。 感動はした。

  • jum********

    3.0

    ネタバレ適度に面白くはある

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dkf********

    3.0

    見応えある韓流社会派サスペンス

    韓国映画のレベルの高さがわかる社会派サスペンスの佳作。こういうのを撮らせたら韓国映画は平均的に上手い。本作もオーソドックスな筋立てではあるものの、娯楽味豊かにきっちり2時間で無駄なくストーリーをまとめているところなどたいしたもので、見応えある面白い作品に仕上がっている。 俳優陣もみんな奮闘しているし、ことさら韓流に思い入れがない人でも十分楽しめるだろう。実際の評価は★3.5くらい。 これは実話ということだが、ほんの20年前のことと知って愕然。韓国ではまだこんな冤罪がつい最近までまかり通っていたとは警察権力の腐敗っぷりに呆れるしかないが、こんな民度の低さを自ら映画で世界に曝け出しても当局から圧力がかからないのは韓国の懐の深さか? すぐにカッとなっていきなり暴れ出すのも「火病」という韓国人特有のメンタル的特徴らしいが、そういう描写が多いのも観ていてイライラする。あれでは議論もロクに出来ないし、韓国の常識は世界の非常識と言わざるを得ない。 韓国映画に対しては特に偏見もないが、こういうのを見るにつけ、特定の韓国人と友達になるのはちょっとしんどいかなあと思う。この国との付き合いは映画を鑑賞するくらいで留めておいた方が良さそうだ。

  • sut********

    4.0

    日本人が失った痛いほどの正義感

    安易な部分は確かにあると思う。ただ、自分は震えながら泣いた。韓国の社会ものはすばらしいものが多い。

  • oce********

    4.0

    正義より金のはずが

    韓国で実在に起きた事件。 タクシー運転手が殺された路上で偶然出くわした15歳のヒョヌ。 そこから刑事に暴行を課され犯人として15年の服役へ。 一方弁護士としてジュニョンは大きな裁判に失敗し、再起をかけるため上記の事件に弁護のため挑む。 最初はいけ好かない感じのジュニョンがヒョヌの真摯に打たれ変わっていく過程。 また正義より金の精神が変わっていく部分。 韓国映画は暴力描写が容赦ないのも特徴で、刑事たちの分かりやすいくらいの悪役ぶりもすごい。 登場した時から主演のチョン・ウが大泉洋にしか見えなくて、邦画でリメイクするのなら間違いなく彼だろう。

  • yam********

    5.0

    日本でリメイクしたら…

    主役の弁護士は大泉洋で弁護士事務所の代表は竹中直人だよなぁと思いながら見てたけど、そもそも韓国で起きた実在の事件なのだから日本でリメイクされるワケがないですね… でも大泉洋の姿で完全に再現出来るな(笑)。 結果はこうなるだろうな、とはわかってるのにギリギリまでハラハラさせられそして泣かせられ、ほんとに韓国映画は上手いなぁ。 主役2人の心の変化も見ていて無理なく心地よい。 いやでもあのキャラクターは大泉洋だよなぁ(笑)。

  • 柚子

    4.0

    刑事とヤクザは紙一重

    罪なき人を、落とし入れる 腐った警察と司法 世の中、悪人がのさばる中、正義が勝つのは嬉しい しかし、奪われた10年という重み 本人、家族の苦しみは、いかばかりか… ヤクザと刑事は紙一重 どちらとも関わりたくないですね

  • yos********

    4.0

    0.1パーセントの真実

    日本でも冤罪弁護士のドラマが流行ったけど こちらも冤罪弁護士の話。 この手の話って、韓国では結構映画やドラマに なってるけど、どの作品も見応えがある。 まず、絶対悪が必ずいるということ。 この手の“悪い奴”って、いるんだね〜 で、冤罪について。 ドラマでもやってたけど、一度ついた罪名を 簡単に覆すことって、本当に難しいんだと思った。 99.9パーセント無理なんだって心底思う。 警察は、とにかく早く犯人を捕まえなければ 世間の風当たりが強い。 だから、誰かを捕まえることが必要なのだ。 検察は、警察の調書は絶対だと信じるところから始まる。 だから、そこに間違いがあってはならないのだ。 ここがタッグを組んでいれば、どう足掻いたって 冤罪は99.9パーセントない。 そもそも、真実なんてどうでもいいのだ。 だからこそ、“証拠”が必要になるけど あの手この手で潰しにかかるのは、どの国も一緒だな。 結局“法”って秩序を乱さないことが大前提であって 正義とか、弱者を助けるためということは決してない。 自分で何ともできない弱者は、弱者のまま 負けていくしかないのだ。 心を動かされた一握りの良識ある弁護士に 出会えることなど、まずない。 こんな心ある弁護士がいるってことは心強いね。

  • スピカ

    4.0

    正義もちゃんとある国

    今回も、最低な警察が大活躍。 韓国映画、ほぼほぼ警察が酷い。 でもちゃんと正義もあるんだな! エンドロールは感涙致しました。

  • fg9********

    4.0

    ネタバレ再審の模様がないのはチョッピリ残念だった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ton********

    4.0

    主人公のキャラクター感が良い

    暗過ぎず、明る過ぎず、実話を基に良く描かれています。死人がたくさん登場するアクション作品も面白いですが、主人公の2人のキャラクター感が良く最後はじんときました。

  • yio********

    4.0

    歴代大統領が次々と

    投獄されるような、非民主国家韓国にありながら司法の犯した過ちを鋭く糾弾した作品である。 近代日本にも志布志事件など似たような事例が多数ありながら、我国では先ず取り上げられることすらない、それは偏に我が国の言論界、法曹界、放送界などが権力に対して阿ることのみにその意味を見出しているからにすぎない、これは民主主義の成熟なのか退廃なのか?このような作品が生まれる韓国のそれの方が遥かに健全に機能していると言えよう。

  • cat********

    4.0

    何を信じたらいいのか

    無学、貧乏、母子家庭、、、、世間的に弱者であるが故に、平気で陥れられる世界。日本映画だと、それを助ける弁護士って完璧な人が多いけれど、韓国映画だとそのヒーローは必ずしも善人でないところが、とっても面白い。 これってお国柄かしら???

  • dai********

    5.0

    不正に立ち向かう。泣ける。見て後悔なし。

    警察、検察によるありえないほどひどい不正。無罪の少年が無理やり自白させられる。これは実話をもとに作られているそうです。逆算すると1990年代後半の事件でしょうか。現代にこんな不正があるなんて信じられない。実話ですが、ストーリーはしっかりしていておもしろい内容になっています。あと味の悪さもありません。

  • tkh********

    3.0

    まあまあ

    10年間服役したものの無実を訴える男性と、出世のために注目の事件の再審をもくろむ弁護士の姿を描いた、韓国で実際に起きた殺人事件が題材のサスペンス作品。 悪くはないけど、実際の事件が題材なので登場人物たちのキャラクター設定を控えめにして欲しく感じました。 ストーリー的には、ありきたりな作品です。 是非、観て下さい。

  • tub********

    4.0

    地味いに怖い。

    ストーリーは実話の冤罪事件を 扱っています。 俳優も適材適所。 お母さん役の女優さんの様に メジャーな俳優もいますが みた事ない俳優もいて…やはり層が厚いなあと思う。 冤罪を掛けられた少年役の俳優を 最近みたドラマでサイコパスの 役をやっていて…秀演だったので 観てみたが… ☆4つにしましたが3.8って感じ。 題名と内容をあまり確認しないで また少年役のキム.ハヌル氏も その様な役なをだろう、サスペンスなんだろうと勘違いして 観始めたので少し肩透かしに あったが、話が進むにつれぐんぐん 引っ張られた。 2時間で背景や気持ちを観客に 理解させる展開はやはり、上手い。 最後の最後は 涙が自然に流れた。 そこに至るまでとても ドキドキすることも多かったが 不運と不安と不幸が最後の最後に払拭された事に心底ホッとした。 映画としてはハートフルな終わり方で 観おわればスッキリする作品。 ただ私は観終わり、少ししたら 怖くなった。 これが実話なのが。お隣の国の話だけど…日本の警察では 絶対無いと言えるのかな? 彼だけが被害者じゃないのも怖い。 警察が地味いに怖い(苦笑) 映画としてはおすすめ。

1 ページ/2 ページ中