ここから本文です

映画ドラえもん のび太の宝島 (2018)

監督
今井一暁
  • みたいムービー 682
  • みたログ 2,643

3.94 / 評価:2087件

あまり好みではありませんでした。

  • kinasanushikika さん
  • 2019年1月31日 0時07分
  • 閲覧数 190
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

昨年の予告がとても魅力的で是非見てみたいと思いレンタルにて視聴しました。

結論から言うと、私の好みでは無かったようです。海賊、近未来、他のアニメの要素などが盛り込まれすぎていて、気が散ってしまいました。

最近のドラえもん映画はあまり見ておらず、90年代の映画はよく見ました。17年のカチコチ大冒険は南極で完結するお話で、しかも、ちょっとあり得そうで怖い感じが雲の王国とか、アニマルプラネット等と重なって好きでした。

一番ひっかかるのはシルバー船長の行動の説得力が薄いことです。人類を救うための箱舟計画は、奥様の死のショックと遺言だけでは説明がつかない気がします。

仮に人類滅亡を憂いている船長のスタンスを視聴者として一旦受け入れても、フロッグとセーラからの「家族なんだから!帰ろう!」で強引に和解というのは安易。え?!家族とかじゃなく人類の危機なんでしょ??汗

更にのび太の「大人は間違わないの?!~」の台詞、予告で聞いて「面白そう!」と思ったのですが、実際の文脈で聞くと唐突な感じで全く心に響かず。お父さんとのケンカが序盤にあったけど、足りないなと思いました。

そして、船がエネルギーを吸って星に行こうとする部分は、これは何の映画だろうという画面でした^^;もう説明不足だし、壮大すぎるしで、おいてけぼり。

ただ、ミニドラが出ていたり、海賊の楽しい雰囲気とか、箱舟とか捨て身のドラえもんは雲の王国を想起させたりもして、作り手側のドラえもん愛も感じましたが、、、でもお話の説得力に欠ける。

もう少しシンプルで分かりやすい方が私は好きだな~。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ