ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ナインイレヴン 運命を分けた日 (2017)

9/11

監督
マルティン・ギギ
  • みたいムービー 50
  • みたログ 268

3.23 / 評価:196件

自分だったらどうするだろうか?と、考えさ

  • hko***** さん
  • 2019年2月28日 1時02分
  • 閲覧数 583
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画「ナインイレヴン 運命を分けた日」観ました。2017年の映画。監督 マルティン・ギギ

9.11のテロ事件で、あのワールドトレードセンタータワー内で、エレベーターが止まり、その中に閉じ込められたお話ですね。前にもこよのうな9.11の映画って、ちょっとタイトル忘れたけど、他にもいくつかありますね。

主演は、チャーリー・シーンやウーピー・ゴールドバーグですね。久しぶりに見ました。あと、映画「モンテ・クリスト伯」から好きになった、プエルトリコ系の、エディ扮するルイス・ガスマンです。

うーん、悲惨なお話ですね。
僕だったらどうなるだろうか?もう、運を天に任せて、生きて出れればよし、死んでもともとと開き直って、あらゆる脱出方法は試みるかな。

しかし映画の中では、今回、エディ扮するルイス・ガスマンは、めっちゃ太っているし(笑)。まずはこの方を、エレベーター内の天井に引き上げ、脱出を試みるのは、「あれ??」と思った(笑)
この場合、まずは体重の軽そうな、チャーリー・シーンや、ニューヨークを自転車に乗ってメッセンジャーの仕事をするもう1人の男性でしょう。
なんか疑問が湧いて・・・。
あと疑問が湧くと言えば、確かにアメリカは、グループセラピーが盛んな国かも知れない。しかしそれらしきものを緊急時にエレベーター内でやっているっぽいのは、今一つ、理解ができないな。お国柄かな(笑)

ということで、うーん、まぁ実話ですからね、楽しむ映画ではないけど、でも、自分だったらどうするだろうか?と、考えさせられる映画でした。

☆☆☆です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ