レビュー一覧に戻る
キッズ・イン・ラブ
2017年7月29日公開

キッズ・イン・ラブ

KIDS IN LOVE

882017年7月29日公開

has********

3.0

ネタバレ正直 イマイチ

☆818 原題<KIDS IN LOVE> 邦題「KIDS IN LOVE」2016イギリス 主役がKIDかどうかは怪しいが(設定は高校卒業したばかりの18歳) 出版社に送った写真のタイトルが原題  <恋する子供たち> 1.オープニング 2.イヴリン 3.カメラ 4.仲間 5.ゲーム 6.家出 7.想い 8.将来 9.EC ジャック イヴリン 友人 トム バーテン(友人になる)キャス シスター(バーで出会う美人姉妹)ヴァイオラ ブリストル大  親に無理矢理進路を弁護士に切り替えられそうになる パーティーだらけ 夢からは覚める?サマームービー(つまり永遠に続かない)+ 恋愛映画の一種だがジャック役の主演俳優は好きだが イケメンモデル顔でないあのルックスでヒロインの スーパー美女イヴリンとのギャップは最初から成就しなのは明白 (しかも彼氏もち マイロ) おまけに<ぶつかり稽古>をベットの上でした翌朝に 僅かに<所有欲征服欲>を満たされた彼があれこれ介入し 余計なお節介をするから崩壊する事は明白になった。 イヴリンはスーパー美女だが小悪魔的で奔放過ぎ猫とも 比喩され火傷するから止めとけと忠告されても 身の程知らずで夢中になる。 ギャップイヤー 高校卒業から大学入学までの イギリスのシステムを紹介するわけでもないが一部描写される 例えば必ずしも紅茶ばかり飲むとは限らず殆どコーヒーになっていたり 朝食も軽めになってるとかもろもろ。 音楽はアメリカ(カナダ出身歌手も含む) かスウェーデンに限ると思っていたが イギリスの音楽も悪くない。 イヴリンが握手アイドル達と異なり スーパー美女でスタイルも良く何を着ていても似合う スパイスガールズが未だに話題に為ってるのか・・・・・ ロンドンとどこかの地方でロケをしてるがロンドンとパリとNYは どこから見てもどこで撮影しても絵になる。(ベルリンは場所と内容次第) イヴリンか高校時代の親友トム(ギャップイヤーを共に 南米コロンビア旅行をするという計画を立てていたがキャンセル) 選ぶかという選択でイヴリンを選んだつもりがポイ捨てされるので 両方失う(皮肉な見方)

閲覧数412