ギリーは幸せになる

THE GREAT GILLY HOPKINS

98
ギリーは幸せになる
3.8

/ 87

22%
43%
29%
6%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(14件)

泣ける23.5%かわいい20.6%笑える11.8%切ない11.8%コミカル5.9%

  • dkf********

    3.0

    これこそ掘り出し物。何故に劇場未公開?

    なによりキャスティングの豪華さに驚く。ギリーの祖母がグレン・クローズ、里親がキャシー・ベイツ、学校の担任がオクタヴィア・スペンサーといういずれ劣らねビッグネームの競演。しかも彼女達は主役でなく、あくまで主人公ギリーのサポート役というから、まさしく最強の助演陣だ。 ギリー役のソフィー・ネリッセもこの大物演技派陣相手に安定の子役ぶりで、この難しい役どころを堂々と好演。子役としてまさにこの時のこのタイミングでしかない一瞬の輝きを見せてくれる。 里子制度を風刺した説教くさい社会派的要素が皆無な脚本も良いが、少し演出に丁寧さが不足している点がいかにも残念。別の力のある監督が撮ったら、もっと傑作になり得たはずだ。 どういうわけか本邦劇場未公開の不運もあって全く知名度がないだけに、これこそ掘り出し物。ハートウォーミングなドラマが好きなら見て損はない。

  • fiv********

    5.0

    良い人対決でも流石!

    これは良い話でとてもハートウオーミング。 でも、この映画の本当の見所はキャスティング。 絶対狙ったと言っても過言ではない。 「ミズリー」のキャシー・ベイツと「危険な情事」のグレン・クローズの最狂サイコパス対決。 残念なのは、ここに「ゴーン・ガール」のロザムンド・パイクが居ないこと。 さぞ凄惨な対決を期待するけど、実は良い人対決。 そこは、演技力は二人ともオスカーレベル。 なぜかグレン・クローズは無冠だがノミネートの回数はキャシー・ベイツをしのぐ演技派の大女優。 良い人対決もそれは見事で鳥肌物。 まだ観ていない人は是非観て欲しい作品。

  • koy********

    5.0

    説教くさいが説明はくどくないぞ!

    このレビューのタイトル通り、この話は少しばかり説教くさい。これは少女が周囲の人たちに導かれて成長していく物語だから仕方がないのだけど。 しかし、主人公の成長の切っ掛けとなる事柄はさらりと描かれ、くどくない。それがとてもいい。日常に起こる何気ないことが人を成長させることもあるのだ。映画ならそれを映像で描かねばなるまい。そういう点で100点だ。 主人公ギリー(本当はガラドリエル。劇中でも言及されるが指輪物語等に登場するエルフの女王の名前。素敵な名前だ)の印象は、最初はかなり悪い。常に不機嫌であり、男子とだってケンカ(殴る蹴るのやつ)はするし、言葉も良くない。ひねくれ者だし、悪知恵はよく利く。彼女は育児放棄の母親から離され、児童養護施設から紹介された里親の元を転々としているのだ。それは、実の母親と暮らしたいがための彼女なりの足掻きなのだ。誰よりも愛情を欲しがっているのに、誰からの愛情も拒んでしまう。   そんな彼女が、里親歴20年のトロツキー夫人の家にやってくる。しかしトロツキー夫人は里親のプロというわけでもない。ギリーはそこでも次々に問題を起こす。が、些細な出来事を切っ掛けにして彼女は変わり始める。 よくあるといえばそうなのかもしれない。しかしこれはいい映画だ。脇役達も最高だぞヾ(*‘ω‘ )ノ

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    恐怖のオスカー女優対決

    「ヘルプ」で雇い主にウ○コを食べさせた  オクタビァ・スペンサー。 「ミザリー」でファン心理が高じて小説家を切り刻む キャシー・ベイツ。 「危険な情事」で一夜限りで逃げようとした男に取り憑いて追いかけ回す グレン・クローズ ハリウッド史上最凶の共演で、 どんだけ怖いお話かと思いきや 里親に馴染めない少女に愛着を注ぎ 互いに触れ合って行くハートフルストーリーですと。 オーマイガ!

  • eve********

    4.0

    愛されてこそ愛することができる

    夏休み中何気にプライムビデオでみつけて鑑賞。 やっぱりキャシー•ベイツはいい。 キャラクターもさることながら彼女自身のあったかさがにじみでる。 この映画のせいでもないが、途中寝てしまったら、娘が小さな頃、帰宅した時ひざにのせて話を聞いてあげたり、ぎゅっと抱きしめる夢をみた。そういうことが足りなかったなぁとしみじみ思った。 最後にイースターでみんなが幸せにすごしていてほっとした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ギリーは幸せになる

原題
THE GREAT GILLY HOPKINS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル