ここから本文です

祈りの幕が下りる時 (2017)

監督
福澤克雄
  • みたいムービー 1,425
  • みたログ 8,081

4.24 / 評価:6,609件

一部の演技が酷い、矛盾は大量だが良作

  • sat***** さん
  • 2019年7月2日 18時40分
  • 閲覧数 4724
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

最後まで視聴すると、メインの父娘含む親子愛が色濃く描かれていていい作品だった
ただ開始早々春風亭昇太ともう1人の関西弁がなぜかやたらニヤニヤしながらカメラ目線でドヤ顔決めて、集まってる刑事も大したこと言ってないのに全員揃って「おお〜」と声上げ、なんだこれ?状態でムカついて脱落寸前に。
でとにかく色んな人名が一度に出て来て、こんがらがる。このシリーズ見てないから余計阿部寛と母や父、溝端との関係や、突然出てきた田中麗奈誰だよ?状態で混乱した。
で施設の案内するおばちゃんがやたらうるさいし、キムラ緑は過剰演技でなんだこいつ?だし、殺された女もなんか怪しいし、松嶋菜々子が相変わらず同じ演技しか出来ないしと、演技が下手でストーリーの邪魔をする奴が多すぎた。ただ松嶋菜々子の中学時代の子役はうまかったな。小日向さんもいい味だった。
一瞬出て来た及川ロリコン自己中男か?6年後の同窓会で激老けした理由は?、親子は蒸発しただけでいいのに、夜逃げ隠すのに誰も飛び降りてないビル飛び降りとかすぐバレるだろ?(崖から飛び降りたでいいだろ?)、結局父親の恋人の置いて来た息子ってだけで、いきなり子供おろして云々言ったのも意味不だし、阿部寛のこと知ってたのに剣道依頼は数年後のタイムギャップの意味もわからなかったし、借金のカタに娘連れてくとか誘拐だろ?(江戸時代?)、自殺死体も娘の証言だけで身元確定?首箸で刺されてるのに?及川はどうやって父親突然見つけた?、原発経験者に素人が成りすましバレないの?、キムラはなぜ素性あんな隠してた?松嶋は会いに行って母親をどうしたのか?と謎だらけ。曽根崎心中との絡みも不十分でだった。
原作は恐らく傑作で、映画もある程度忠実に再現したんだろうが、映画化の際に削除すべき部分も残したせいで、複雑でわかりにくい、かつ消化不良の部分が多かったと思う。無理やりあれこれ繋げた感があって、感動はいいけれど、ストーリー完璧って言ってる奴は馬鹿なのか?
まあそれは置いといても、いい作品だと思う

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ