2018年9月28日公開

劇場版「フリクリ プログレ」

1352018年9月28日公開
劇場版「フリクリ プログレ」
3.1

/ 135

22%
14%
30%
15%
19%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(35件)


  • 加藤憲一郎

    5.0

    原作厨多いなー

    どうしても無印と比較しなきゃ気が済まないのかね?個人的には実験的な絵柄とヒドミの可愛さでお腹いっぱいだけど。

  • lee********

    3.0

    ホラホラ〜これがフリクリっぽいでしょ〜

    ホラホラ〜これがフリクリっぽいでしょ〜 ハルコさんのナース姿だよ〜ん と終始旧作フリクリっぽく演出はあるが どこかが違う そもそもハルコ以外は一新されているけど これといって中身がない なんか突然現れたキャラを感情移入することもなくスパスパ進んでいく そう意味ではまだオルタナ(ペッツ以外)の方が人間性はあったかな あっちも中身がないけど キャラいっぱい出てるけどストーリー的にいるの?ってキャラばかりだった それだったら登場人物少なくしてもうちょっと掘り下げればいいのにな〜

  • gir********

    1.0

    「フリクリ」を作りたかった人達

    こんなにも楽しみでこんなにも残念な続編というより新作はありません。 「僕たちフリクリの新作作ります」「あ!いーな!僕らもやりたい!」「じゃあ、どっちが面白いフリクリを作れるか勝負だ!」というような、いや、絶対にそんなノリで「プログレ」「オルタナ」の2作が作られたと思いました。 この「プログレ」に関しては「フリクリ」好きが「フリクリ」に影響を受けて憧れだけで作った中身の伴っていない同人作品になっています。レビューでは「オルタナ」に比べてこちらは「フリクリ」ぽいと多く言われているようですが、演出を真似しているだけ、焼き直せて無い失敗の焼き直し、「フリクリ」をパクッているだけの気持ち悪い作品に仕上がっています。「フリクリ」ではあんなにも作品を引っ張っていて物語にもリンクしていたピロウズの楽曲も「プログレ」ではただ流せば良いというような使い方で完全に死んでいますね。どうしてこうなったかと言えば「フリクリ」を作れない「フリクリ」を作りたかった人達が作った作品だからでしょう。

  • うひょー

    2.0

    キルラキルとフリクリを混ぜた感じ

    トリガーがフリクリを作ったらこんな感じになると思った。 カッコ良さの方向が本家フリクリとは違う。 ベタで汗臭くて暑苦しい王道な感じの青春SFアニメって感じ。 本来のフリクリはもっとスカした感じの思春期物語だからこそ「フリクリ」なのに、これじゃ「フリアツ」だ。 ストーリーは往々にして説明不足。 それはまぁフリクリ好きとして受け入れられるとして、このノリの違いは受け入れられなかった。 あと、ハルコさんの声に違和感がありすぎ。 それでも、所々ハルコさんを感じるのは林原さんの技量のなせる技だと思う。

  • ykx********

    4.0

    単体で観ましたけど楽しかったです。

    ヒドミちゃんが可愛い。 ギャグが昭和だったですか? 普通に楽しかったです。 スペースダンディのノリなのかなと思って観ていました。

  • 山田寧

    5.0

    なかなか面白い

    厳しい意見が多い様ですが、懐古厨ですか?

  • hea********

    3.0

    とくになし

    基本的にオルタナと同じかな。 普通に見れますが、少し長い。 オチやストーリーを求めるタイプの作品ではないのでノリが命だが、それもイマイチだったかな。 それでも最近多いリメイクや総集編じゃないってだけマシです。 無印見たはずなんだけど記憶にない。 そんなに出来が良ければ覚えてるはずなんだけどな・・・

  • yuk********

    3.0

    ネタバレごはんとおかず

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    3.0

    疾走感はある

    音楽でノリノリで疾走感がある映像ですね。 話はむちゃくちゃなんですけどね。内輪で戦ってばかりで疲れました。 音楽はいいですね。

  • vsa********

    5.0

    フリクリシリーズとしてそん色ない

    どこかで見たようなキャラデザも、ちょっと適当なストーリーも、説明不足なところも、何もかもがフリクリっぽくて楽しい。もう一回観てみたい。 フリクリは最も繰り返し観たアニメだが、これはフリクリシリーズとしてもそん色ない。

  • jin********

    2.0

    ハードルを限りなく下げてやっと見れる

    ネタバレなしで書きます ~わるいとこ~ ・同じ歌を何回も使用し「またこれ流すのか、、」と萎え ・作画がすぐに息切れをはじめる(酷いところは本当にヤバい) ・キャラの使い捨てがすぎる(ひょっこり出てきて謎のまま終わる) ・謎の意味があるのかわからない設定を見せられ困惑 ・せっかくのpillowsの歌を生かすつもりがない演出 ・原作ファン向けの謎サービスが寒い ・全体的な流れに緩急がなく、かといって勢いもない。 ~よいとこ~ ・キャラかわいい ・オープニングが凄い ・色んな絵柄を実験的に試している 原作ファンは見に行くと苦痛な二時間を過ごす可能性があります。だまってアマゾンプライムで無印のフリクリを見ましょう。 劇場版から入るかたも無印フリクリ面白いから見てね。

  • aoz********

    5.0

    ファンなら楽しめる

    フリクリっぽい映画です。 映像の面白さはあるしシナリオの面白さもある。 要所は最高に盛り上がるし、演出もよい。無印フリクリが好きなら間違いなく楽しめると思います。 ただ作画はいまいち安定しないし、パロディが多く、陳腐なシーンも多いです。 メインのシナリオは面白いと思いますがこれ居る?というようなシーンに時間を割いたり、取っ散らかってしまった感じ フリクリが映画化してファンとしては間違いなく楽しめます! ただ新規で見て楽しめるかというと微妙だと思う。 音楽も新曲が少ないので流石にマンネリ過ぎる。

  • ryuandken

    4.0

    これはフリクリ!

    はちゃめちゃで好き! OVAも昔観たけど、こんな感じでしたよね? 勢いで魅せるみたいな。 オルタナより好きかな!

  • 林健悟

    5.0

    フリクリらしさ

    癖がありすぎるほど、他のアニメ映画とは一線を画している。 他のアニメ映画と比べれば、フリクリは必ず異端に見えてしまう。 だが、それがフリクリだ。 フリクリはフリクリとして見るべきだ。 the pillowsの楽曲の使い方もプレッシャーがかかったと思う。 最高のアニメ映画だ。 映画を見ずに、批判するのはフェアじゃない。

  • fsr********

    2.0

    オルタナは☆4だったけど

    OVAは1話のみ視聴。 オルタナは結構楽しめましたが今回は眠たかった… 個々の演出や映像は良かったけど全体としてみると…う~ん 考えるな感じろ!色が強かったのかなぁ 他のレビューを見てOVA見てた方が良かったのかな?と思いました。 今度OVA版からぶっ通しで見たいですね。

  • ムステイン

    1.0

    ギンギンじゃねーよ

    知らないで観たらエロくないのでギンギンにならなかった

  • 高橋一東

    4.0

    ネタバレ無印、オルタナは未見ですが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sak********

    1.0

    脚本が悪い

    脚本:岩井秀人 「そうそうフリクリってこんなアニメだよ!」 フリクリの名前を冠して続編を作るならそんな映画を作ってほしかったです。 「フリクリって何だ?」。何がフリクリで、何がフリクリでないのか、それがわからない。 オルタナのパンフに前作の監督の鶴巻さんの言葉がありましたが、プログレを見てフリクリだ!と思う方はなかなかそう見つからないでしょう。 突然きっかけもなく始まる恋愛要素、特に絡むこともない登場人物たち、そして何よりも許せないのがムダに多い前作、そしてトップ2からの引用、そして前作キャラ。 とりあえずこういうの出せば喜ぶんだろ?逆に悲しくなります。 散々言いましたが4話から5話は面白かったです 最終話はオルタナよりひどい

  • kon********

    1.0

    フリクリと名乗るからには

    非難轟々のオルタナは観ませんでしたが、オルタナよりは良かった!って人が多くて観に行ってみました 正直観なかった方が良かった、と自分は思ってしまいました ◎ダメだと思った点 ・ストーリーやメッセージ性に、旧作OVAの様な一貫性も共感も感じられなかった →恋愛や家族等々、旧作と同様のテーマが用いられていたが、サラッとか描かれていただけで印象に残らなかった ・ただダラダラと冗長で、意味もなくカッコ良くもないセリフが多い →観終った後、頭の中で反芻するような印象的な台詞がなかった ・音楽の使い方が下手 →サビの部分にデカいSEを入れて聞こえなかったり、ピークで流れる楽曲を何度も使ったり、 I think I canやLAST DINOSAURとかピークでもないシーンで使われてたりもしてた 折角の6話構成なのだから、1話1話の最も印象的なシーンにそれぞれ別々の曲を流してほしかった ・旧作のパロディ・オマージュのシーンがあっても、ただパロっただけに感じた ・特別魅力的だなと感じるキャラクターがいなかった →これは個人差有りかもしれない。・・・が自分としては正直居なかった ・ハル子のキャラ崩壊、声優交代 →林原めぐみさんは自分も好きな声優。でも新谷さんを外してまで交代する必要は全くなかったと思う(ストーリー的にも) ただでさえ旧作から引き継がれてる要素が少ないのに、ここも変えられてしまったら・・・ あと、ハル子のキャラ設定が別人に感じた ギャグシーンでもシリアスなシーンでも全然カッコ良くなかった 特にアトムスク関連はアトムスクの設定含め心底ガッカリ あんなハル子もアトムスクも観たくなかった ・作画や演出で感動できなかった →これも話数によって意見が変わるけれど、全体的に劇場版の作画や演出としては全然気合が入ってないなって思った 旧作は18年前・・・それでもあれには敵わないだろうなって思いつつみたけど、平凡などこにでもあるアニメって感じだった ・MMの敵キャラ、ロボットがダサすぎる 極力ネタバレしない様に大雑把に書くとこんな感じです 別に旧作を超えないとダメなんて全く思っていないです でもどこまでいってもこの作品がフリクリである必要性、またフリクリの続編を作る必要性が感じられませんでした むしろフリクリじゃなくて完全新作の方が、各監督たちは伸び伸び作れていいアニメが出来たんじゃないか?そう思ってしまいました 結局は昨今のリバイバル商法ブームで、ハル子・ピロウズを中心とし有名声優を使ってフリクリと名乗り、それっぽい事をやれば短期間上映で効率よく利益を得られるんじゃないか?って考えたのかなと邪推してしまいます それぞれ観た人の捉え方、感じ方に違いがあって、それぞれのフリクリはあっても 製作者側のフリクリは続編としてフリクリと名乗るからには、しっかり踏襲したものでなくてはならないと自分は思います そうでなければ18年前に素晴らしい終わり方をしたフリクリの続編作る必要はないのでは? 結果的に現場の製作スタッフというよりは、IGとガイナックス自体に不満がかなり残りました そりゃこれだけ旧フリクリからスタッフ、キャスト、キャラクター等々全て変えてしまったらこういう結果になるわ!

  • 妖狐

    1.0

    旧作のスタッフは全員いないらしいです

    何の為の続編なんでしょう?

1 ページ/2 ページ中