レビュー一覧に戻る
映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!

もみじ

4.0

ネタバレ華やかだった

劇場には行かず、GYAO!ストアのレンタルで 観ました。 4歳の息子も私も、テレビ版は放映時には観られず、 バンダイチャンネルのレンタルで観て ファンになり、そしてこの映画を観ました。 この「キラキラ☆プリキュアアラモード」は 他のプリキュアシリーズ作品と違い、 戦闘シーンは格闘戦よりも マジカル要素が濃いのですが、 息子は「仮面ライダー」に有るような アクションシーンだけでなくキラキラした演出も好むので、 楽しめていたようでした。 冒頭にある、マスコットキャラたちの調理シーンも 興味をひかれたようでした。 プリキュアファンの私としても、 この映画は楽しめるものでした。 この映画で披露された、6人のプリキュアたちの パワーアップの衣装(コスチューム)の デザインが綺麗でした。 映画後半では、敵キャラがパリの街を お菓子に変えてしまいます。 作中ではたいへんな状況でしたが、 視聴者の立場としては、たくさんのお菓子が描かれた 華やかな場面でした。 敵キャラ・クックの目的も、 「命と頭脳をもつスイーツをつくる」という、 プリキュア作品のキャラとしては 奇抜な考えを持っており、印象に残りました。 これまでプリキュアシリーズの映画は いくつか観たことがありましたが、 今回の映画は気に入った作品の1つです。

閲覧数48