2017年12月15日公開

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命

THE ZOOKEEPER'S WIFE

1272017年12月15日公開
ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
3.7

/ 558

19%
43%
30%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1939年、ポーランドのワルシャワ。夫婦でワルシャワ動物園を営み、愛する動物に囲まれて生活していたヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)は、ナチスドイツの侵攻に大きな不安を抱いていた。ヤンは、ナチスドイツがユダヤ人を弾圧するのを見て、アントニーナに動物園を彼らのための隠れ家にすると告げる。強制居住区域に暮らすユダヤ人たちを救い出しては動物園にかくまう彼らだったが、次第にナチスドイツの警戒は厳しさを増し彼らにも危険が迫る。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(97件)

勇敢18.7%悲しい14.6%切ない14.3%恐怖12.2%泣ける10.9%

  • みなもとの清盛

    4.0

    ネタバレ動物達視点からの静かで悲惨な戦争

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oir********

    1.0

    アメリカ製作特有の浮つきが緊迫感を消去

    まず戦中ポーランドを舞台としているのに現地人が英語という点で好ましからざる予感。そして米国映画でよく見る俳優陣が顔を出すにつれ、これはアメリカが大きく絡んでいるのだなと確信。 ヒロインはまだしもナチス高官がユアンマクレガーというのは締まりを欠く大きな要因。 彼では表情的・声的・所作的にあまりにも〝優しすぎた”。※実話ベースとのことなので本物のナチス高官もそうだった可能性はあるけれど・・・ それに実話ベースと言ってもどれ程の脚色がなされているか原作と比較しないと分からず、ほとんど虚構では? という懐疑心が大いに膨らんでしまった面もある。 ヨーロッパ製の同ジャンル映画と比べると緊張感緊迫感は極めて弱く、悪い意味での「アメリカンファンタジー」オブラートで包まれたような、個人的にはどこか気持ち悪く受容しがたい下作というのが正直な感想。 1.2の一つ星

  • aik********

    4.0

    良かった

    そこまでハラハラしなかったけど、このくらいが丁度よい。

  • 森田 拓実

    4.0

    ネタバレ夫婦の強い信念に敬意

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Multiverse

    5.0

    文部科学省選定

    内容を覚えていない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命

原題
THE ZOOKEEPER'S WIFE

上映時間

製作国
チェコ/イギリス/アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル