ここから本文です

ポルト (2016)

PORTO

監督
ゲイブ・クリンガー
  • みたいムービー 51
  • みたログ 116

3.07 / 評価:76件

「To Anton」というクレジットが切ないだけ

  • fg9***** さん
  • 2018年11月8日 13時22分
  • 閲覧数 518
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …ジム・ジャームッシュ監督が製作総指揮とあったので観始めたら、2016年に27歳という若さで急逝したアントン・イェルチンが出演していたので懐かしかったな。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。
 『ポルトガル北部にある港湾都市・ポルト。
 家族に見放されてしまった26歳のアメリカ人ジェイク(アントン・イェルチン)と、恋人と一緒にこの地にやってきた32歳のフランス人留学生マティ(リュシー・リュカ)は、考古学調査の現場でお互いの存在を意識する。
 カフェでマティを見つけたジェイクは彼女に声を掛け、その後一夜を共にする。』
 1.ジェイクの視点2.マティの視点3.2人の視点で構成され、画面もそれによってサイズが変わるというよくある手法だ。
 物語の内容は、取り立てて書くようなものはなく、一組の男女が出会って情交を愉しみ、そして別れるというそれだけの話だ。
 70分という短尺なので、見飽きる前に終わってしまうが、運命的な出会いと激しい恋情が濃厚なベッドシーンとともに綴られる。
 ベッドシーンは嫌いではないが、チョッピリ長過ぎるので幾分げんなりとしてしまったな~。
 そんなことより、アントン・イェルチンの26歳の若さであの頭髪はないだろう……若禿げの兆候は随分前からあったものの……。
 それと、定職に就いていないジェイクの内面もあまり気持ちのイイものではなかったな。
 エンディングの「To Anton」というクレジットが切ないだけの観て損はない程度の2.4点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3153件、2018年度338作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ