ここから本文です

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ (2017)

監督
二宮健
  • みたいムービー 57
  • みたログ 165

3.34 / 評価:140件

不思議な感覚の作品だった。

  • cherry さん
  • 2017年12月2日 23時05分
  • 閲覧数 1735
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

気になってたのになかなか名古屋で上映されなかったので、やっと観られた。
すごく、不思議な感覚の作品で、映像と音楽が綺麗だった。

お話がどうとか、なかなか形容しがたいので、
どう言ったらいいのかわかんないんだけど、
どこまでが夢で、どこまでが現実なのか、はたまた現実など存在しないのか、
最初から最後まで、違う世界にトリップしたような感じで、
次々と目まぐるしく場面が変わっていくんだけど、
それが、置いていかれるような感じではなくて、
すごい心地よい感じだった。

真面目に内容を解析すると、カイトが死んだところまでは現実で、
オフィリアに選ばれた方の世界は幻想で、
暴力団の人を殴っちゃった方の世界が現実なのかなと思うけど、
カイトが死んでからの世界は全部幻想のような感じもするし、
ラストシーンで、オーロラを爆破した瞬間に目が覚めて終わったところで、
もしかしてカイト自体幻だったんじゃないかっていう気もして、
なんか、いろんなとらえ方ができて面白いなと思った。

真面目に内容について考えなくても、
映像観ているだけで十分、綺麗な世界で素敵だった。
見世物小屋・オーロラとか、屋外にあるベッドとか(雨降ったらどうするんだろ)、
チャーリーのテレビ番組とか、ピエロみたなもう一人の自分とか、
ひとつひとつが不思議で素敵な世界で、
結構セックスとかのシーンも多かったんだけど、
上手い具合に綺麗に撮ってあってぜんぜんエロい感じじゃなくて綺麗だったな。
全部の世界が夢のようで綺麗だな~って思って観てるから、
病院とかのシーンはちょっと現実っぽくて、現実引き戻される感じがしたけど、
あれもあれで幻想の世界なんだよね。

キャストも良かった。
桜井ユキちゃんは初めて見たのかなぁ、たぶん。
素朴で可愛らしい感じもあるけど、綺麗でもあって、
若いころのアキと今のアキを上手く演じてたと思う。
高橋一生くんは、なんか、包み込むような存在というか、
アキのいちばんいい思い出の中の人としてふわっとした印象で素敵だった。
あと、素顔がどんななのか気になるブッチ役の古畑新之さんや、
出番少ないけどインパクトあった満島真之介くんも良かったな。

面白い世界観の作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ