ここから本文です

ゲット・アウト (2017)

GET OUT

監督
ジョーダン・ピール
  • みたいムービー 628
  • みたログ 2,991

3.72 / 評価:2,341件

黒人差別はただの題材。字幕で観ろ。

  • fox***** さん
  • 2019年6月2日 2時38分
  • 閲覧数 1531
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アマゾンプライムで視聴しました。タイトルの字幕で観ろというのはアマゾンのレビューに書いてあったのを真似しました。でも、実際に字幕で観たほうが断然良いと思われます。黒人と白人の英語のイントネーション等の違いがモロ分かりなので。


さてさて感想を。まず今作は黒人青年の主人公が彼女の家に招かれるところから始まる。既に黒人ばかりの使用人や、冒頭の不穏な誘拐シーンの存在からして何かあるのは視聴者にも分かりやすくなっていました。

今作は一見黒人差別を題材としたホラー作品なのかと思いきや、実はそれを巧妙にミスリードした作品に見せかけての、やっぱり黒人差別をモロに描いた作品でした。
まず今作中で主人公が明確に差別されるシーンは一つもありません。むしろ褒められまくります。遺伝子が良いだの肉体が良いだの果てには黒人の時代がくるだの!とにかく褒め殺しにされます。

しかし、それは裏を返せば我々とは違うと言われているようなものです。例えるなら変わった特技を持っていて、それを異常にもてはやされた時の微妙な気持ちに近いのかな・・・。

終盤は主人公の脱出劇。爽快だったのは勿論だが、少し何か物足りないような気がしてならない。本当に脱出するだけで終わってしまったのだから。
まず足りないとしたらヒロインとの決着だろう。最後向かい合う機会があったのだから、何か本音で語り合ってほしかった。結局は彼女が演技で引き留めようとして失敗、からの脱走で終わりて・・。

それに女黒人の使用人もまあまあ意味深だったのでもしかして主人公の母親?とも思ったのだが、終盤の時間稼ぎ要因でしかなかった。なんかあまりにも薄かったから顔だけで採用されて急遽あのポジションを作ったんじゃないかと疑うほどに。

最後のダチが助けに来る件は一瞬警察に捕まるバッドエンドを想起させたが、普通にハッピー?なエンドで良かった。けど何かやっぱり最後が物足りない事は否めない。結局は黒人差別を題材としたスリリングなホラーでしかなかったってことか?

もしかしてこの雑な終わり方こそが黒人らしさを暗示していたりする?となると最初から最後までモロに差別していたのは制作側だったという事になるのかも。特に議論も無く、痛快にガールフレンドのファミリーをぶっ殺しまくってダチが回収に来てエンド。これこそが黒人のやり方だぜベイベー!みたいな。割とそんな気がしてきたかも。
結局黒人は目の前で起こる事をただ見ているしか出来ない。反撃も暴力的なもので、一時的な凌ぎにはなっても長期的な解決にはならない。(他の人達は救われていないしね。)そう言っているような、それが裏テーマのような気もしてきた。だとしたら怖いね~。

あと地味に催眠術に関して説明無し。そっち関係は一切無学なのでもしかしたらそういう術が実際に有るのかもしれないが、あれはもうそういう物って事でツッコんじゃ駄目なやつなのか。


う~ん普通に面白かったんだけど終わってみれば普通のホラー映画でしたって感じ。飽く迄も黒人差別は題材。黒人差別≒お堅い&重い作品って考えが既に差別なのかもね・・・・。


【追記】ヒロインの女優さんが可愛すぎ。久しぶりに白人の女性で可愛いと思える人を観た。さあこの後はサーフィンだグポォ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ