ここから本文です

ゲット・アウト (2017)

GET OUT

監督
ジョーダン・ピール
  • みたいムービー 626
  • みたログ 2,963

3.72 / 評価:2,317件

知る前と知った後で意味が変わる

  • ali***** さん
  • 2019年9月7日 1時10分
  • 閲覧数 1147
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

情報ゼロで鑑賞。

鹿とメイドの奇妙さがこの映画の方向性を匂わせる最初のシーンだった。
貪欲な白人たちの狂行くらいに思った。
それなりに爽快感もあり、狂人が正気を装う薄気味悪さも楽しめた。

が、所々に散りばめられた意味深なシーンを理解せず終わった事と何故これがそこまでのヒット作に?というのがどうも気になりあれこれ記事を読んでみた。


クリスの部屋の写真、鹿、メイド達、黒カビ、弟の格闘技談義、ビンゴ、帽子、ゴルフスイング、不躾な性生活の質問、銀のスプーンと綿、走り込み、オヤツ、etcetc

あれもこれもに恐らくアメリカ人にはピンとくる皮肉やメッセージがあることを知り驚いた。
ああいう監督だから緻密で巧みな言葉遊び
が出来たのだな、と。

けれどもそれは、よっぽど人種間問題史に詳しくスラングを理解しアメリカ人の一般的な生活を知ってる者だから伏線とその回収に気づくことができるのであって、
おおよそ私レベルの一般的な視聴者が初見で気づくのは難しいように思う。


知る前はただのサイコスリラー。

知った後は、強烈な人種間問題を扱ったセンシティブな作品で徹底的にあちこちに差別的なメッセージを散りばめておきながら、その不快感さをトンデモ家族に仕向けられるようにもなっていて何を憎むようにも悲観するようにも出来てない作り込まれたセンス溢れる作品。

結局、日本人の感想でしょうね

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ