レビュー一覧に戻る
セブン・シスターズ
2017年10月21日公開

セブン・シスターズ

WHAT HAPPENED TO MONDAY?/SEVEN SISTERS

R15+1232017年10月21日公開

unm********

4.0

7つ子が最悪の時代に生まれた話。

主演ノオミ・ラパスさんの圧巻の演技! ※エイリアンコヴェナントやプロメテウス、スパイ作品ならアンロックという映画で主演されてる方です。 人口増加問題における一人っ子政策、そして第二子を産むと冷凍保存される児童分配法が施行された近未来の設定。 といっても二人目を産むと強制的に第二子が連行される社会主義的な政府。 この背景に生まれた7つ子を祖父が一人のID(作中では30才の銀行員)カレンと住民登録し、月曜日から日曜日までそれぞれの子が近未来機器を活用しながら「同一人物」として各曜日に外出、辻褄が合うようにその日誰に会ったとか何をしたかを夜に姉妹で共有。 外は検問だらけで検査も厳し目、そんな中、月曜日のカレンがある日急に失踪し残された姉妹は月曜日を探しつつ、この政策の驚愕の真実に辿り着き、、何故月曜日のカレンが帰って来なかったのか?を知るという話となります。 フィクションを現代社会問題に風刺化した社会派サスペンスアクションでした。 とにかく2時間釘付けになる様なパニック、アクション、スリラー、姉妹愛を上手くまとめた上級作品と言えます。 脚本も秀逸でそれぞれの姉妹の人格も異なる部分から、やや複雑化しそうな内容でしたが意外とサクッと見れます。 バイオレンス要素が割と強めなので万人向けではないでしょうが、おそらく似たような設定の映画が出たとしても本作が上をいくのではと感じました。

閲覧数1,710