ここから本文です

アナベル 死霊人形の誕生 (2017)

ANNABELLE: CREATION

監督
デヴィッド・F・サンドバーグ
  • みたいムービー 111
  • みたログ 644

3.59 / 評価:528件

やられっぱなし。

  • taf***** さん
  • 2018年9月13日 11時53分
  • 閲覧数 1909
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

足の不自由な女の子が出て来た時点でもう完全にもたもたして逃げられないシーンぶち込んでくるなぁってバレバレですよねぇ。
階段のリクライニングの椅子も。
絶対あれで逃げるやつやん。
でも絶対途中で止まってグイーーーンって引き戻されるパターンやん。って
ほとんど先が読めてしまう。

やっぱ飽きますね。
このやられっぱなしスタイルは。

ゾンビ系はやり返せるから流行るんだと思います。突然ゾンビが現れるけどとりあえず倒せる。あまり簡単に倒しすぎてもしらけるけど。

とりあえず、
突然出て来て
脅かす展開。

それは誰でもビックリしますよ。
わっ!って突然誰か出て来たら
どの動物でも飛び跳ねますよ。
つまりこれって別に幽霊が怖いんじゃなくて
突然出てくるからビックリしてるだけで
なんていうか、そういうのをホラーと呼ぶのなら
ホラー映画ってすごくつまんないし見る価値ないですよ。

あと、なんで幽霊や悪魔って
ちょっと遠くの方からこっちに近寄ってくるんですかね?
突然現れることができるなら初めから捕まえられる距離に登場すればいいじゃん。

真面目ですよねぇお化けたちって。
仕事してる人たちの鏡ですよ。
なんであんな一生懸命働くのでしょうか?



後ろ向いたら
わっ!ってされる。
手を出したら
ばっ!っと手を掴まれる。
音も少し大きくなる。
そりゃ物理的に驚きますよこっちは。
コメディ映画でもこれやられたら一瞬ビクッとはしますよ。
遠くの方で現れてこっちに近寄ってくる健気な幽霊たち。
あちこちに瞬間移動できるわりには扉を閉められたら入ってこれない。

もうこの辺のパターンは飽きましたよねぇ。
でも死霊館は違う。
あの夫婦は正体を暴き立ち向かう。
そしてぶっ倒す。
だから面白い。
映画なんだからそのくらいの展開でいいと思う。
なんかこのやられっぱなしの展開を見せられてばかりでは飽きてしまう。
物理的な脅かした遠くの方に現れて走ってこっちにくるパターン。死亡フラグ立ちそうな雑魚キャラは死ぬ。

謎解き
ミステリー
対決
勝利
こういう要素を取り入れないと
やっぱつまんないかなぁって気がします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ