レビュー一覧に戻る
アナベル 死霊人形の誕生
2017年10月13日公開

アナベル 死霊人形の誕生

ANNABELLE: CREATION

PG121102017年10月13日公開

pin********

3.0

期待の仕方を間違ってました。

『死霊館』、『死霊博物館』という順番で見てしまったので、このシリーズ、ラストでほっこりできるホラーなのかなと勘違いしてました。 シリーズ全編にわたって登場する(のかな?)アナベル人形の誕生秘話。 アナベル人形って『スター・ウォーズ』C3-POみたいな役どころなのかなと思ったら、しっかり主役はってるんですね。 この物語に邪悪な人物は一人も登場しません。 一人娘を亡くした悲しみから、悪魔を呼び覚ませてしまった夫婦に一抹の愚かさはあるけど、だからってこんな末路はかわいそう。 というわけで、無辜の人が不幸になる話は嫌だなぁ、と思った次第。 それに悪霊無双でキリスト教や十字架の加護もないのはいかがなものでしょうか。 ルールがなくなっちゃったら、こうしたホラー物の面白さを薄まっちゃうんじゃないでしょうか。 全般に矛盾点や無駄な設定が多く、見ていてイライラさせられました。 因果応報、良い人には良い報いがというホラーながらも安心させてくれるテイストではないのが残念。 たぶん、シリーズものとして、「お話」の連続性の面白さの実を追究しちゃったせいなんじゃないでしょうか。 まあ、『死霊館』とは違うテイストの作品だと思って見ればいいんでしょうけどね。 というか、僕の期待のしかたが間違ってるんでしょうけど。 だいたい悪さをするのは死霊ではなくて悪魔なのね。

閲覧数945