ここから本文です

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説 (2019)

監督
金崎貴臣
  • みたいムービー 197
  • みたログ 785

4.32 / 評価:674件

個人的に今年度1位作品

  • ニャンコ 寅次郎 さん
  • 2019年11月26日 8時27分
  • 閲覧数 1062
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

少し前に鑑賞しました。

正直NYで「このすば紅伝説」を観るとは。
(吹替えではなく英語字幕でした)

以前、面白いからと云われ「このすば」Blu-rayを10枚貸してもらい鑑賞。
よって内容も登場人物も把握済みです。


やはり海外だと笑いのツボも大爆笑の声も桁違いでした。
(日本では観てないが)

ビックリしたのは何でアメリカ人が「このすば」を知っているのかが不思議でした。
それはカズマがシルビアに御剣響夜と言った瞬間に会場が大爆笑・・・知らなかったら笑いも起きない筈。それ以外にも初見では笑いが起きない場面でもありました。japanophile?otake?weeaboo?ともあれ面白いから?笑いは世界共通で害は無いのだから、どうでも良いか。

それにしても何で知っている?何でアメリカで上映されているのかも不思議でした。


周りの笑い声も相まって大笑いのあっと言う間の90分でした。
相変わらずこの作品は作り方が上手だと思う、テレビ版でも短い時間で無駄を排除して笑いで起承転結に持って行く手法は素晴らしいと思う。

ダクネスの出番が少なかったがバニルとの共闘でシルビアの足止めは大変良かった。流石映画版、爆裂魔法が半端では無かった。

しかし、テレビ版を知らない人が見たら???

よって星4つです。




(還暦爺の戯言、最後にテレビ版のネタバレ有ります)

米国人が半端無く大爆笑してたシーンを書いておきます。

シルビアの胸にカズマが!ここから大爆笑に突入で・・・最後は台詞が聞こえないほどの大爆笑。

カズマの手のシーンで爆笑してたのは・・・そこまで笑う?って感じでした。

ある意味で笑いの連鎖なのかも知れないが、日本人より外人向けの作品かも知れないと思った。

本来映画って色々なタイプがあるが終始笑い声の絶えない作品、それが「このすば紅伝説」知っている人は是非見てください。



(テレビ版ネタバレ。好きな人のみ、より好きになる様に)

以前テレビ版を見て3つ???がありました。

一番分かり易い、その内の一つだけ書いておきますね。

エリス=クリスですね。

エリスの台詞でわかります。

さあ最後に皆様と唱和で締めさせて貰います。

はい!大きな声で!「エリスの胸はパッド入り!」



読んで頂きありがとうございました。


星の数ほどの映画の中で

貴方様に素敵で心地よい作品に巡り合えますように。


そして

皆様方に幸多からんことを。



では、大変失礼しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ