血を吸う粘土

VAMPIRE CLAY

81
血を吸う粘土
2.5

/ 37

8%
14%
30%
22%
27%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

不気味33.3%恐怖26.7%絶望的13.3%かっこいい6.7%不思議6.7%

  • ポンデッド

    3.0

    独特な感じ

    どんな内容か想像出来ませんでしたが、タイトル通り粘土が・・・な内容でした。 グロさなんかもあり意外と激しい内容です。 もっと地味な内容かと思いましたが中々面白かったです。

  • すいか

    1.0

    ネタバレどういうテンションで見るべきか困る作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ムラサキ

    3.0

    粘土マン

    洋ホラー好きですがたまにはJホラーでもと鑑賞。 まぁ安っぽいJホラーなんだけど、クリーチャーがなかなか魅力的で良い。ビジュアルも好き。 粉末化して飛散しまくったらとんでもないことになりそうw 続編やるみたいなので期待。

  • taf********

    1.0

    世界を滅ぼせるポテンシャル、カカメ君

    増幅はしないのかな? 乾燥したらダメだけどまた水を加えると復活するんで世界最強ですね。 とある田舎の美術塾。 あの閉鎖感やコミュニティの狭さは 田舎独特の雰囲気ですね。 特撮のような手作り感。 突然始まるクレイアニメーション 環境破壊が要因でゴジラを放物とさせる わりとカオスな作りになってたと思います。 全体として ストーリーというか、テーマがよくわからなかった。何が言いたかったのか。 演出もアップが多くて何をやってるのかよくわからないシーンが多かったです。 ラストシーンのカカメ君の復活シーンは最強にキモかった。 面白いかどうかと聞かれたら 割と自分は退屈でした。 すみません、製作陣。 でも、DVD買ったので許してね。 いや、でもね、 面白いからいろんな人に見てほしいです。 退屈だったけど面白くないわけじゃない。 序盤は凄く良かったです。 見入ってしまう。でもカカメ君が現れだしてから怪しかった。 というのも、チャッキーもそうですが、得体の知れない何かがいるという不穏な空気までが楽しくていざ現れると急にしらけるというか。 クリスマスも前夜までワクワクして当日になるとこんなもんかみたいな。 そして、 女優陣がみんな可愛くて良かったです。 そう、役者が可愛かった。

  • mri

    3.0

    続編公開前に、持ち上げておきます。

    え?なんで誰もレビュー書いてないの? 近年の国内のホラーでは良作だと思うんだけどね。 「邪願霊」辺りからスタートした、いわゆるJホラーも大量生産で頭打ち。 佳作、良作も結構あったが、「リング」「呪怨」を超えられず、少なからず影響を受けたかなと思われる海外作品の方が、今や勢いが良い。 で、この作品。 Jホラー以前の、80年代のホラーの感覚に良い意味で戻った感じ。 猫も杓子も、ホラーならメーキャップでビックリさせてやろうと、アーティストが腕を競い合っていた時代。 粘土が手に噛み付くところなど、ローテク&チープで、正直安いな!と観ていたら、油断したところにエグイ描写がきたりと、なかなか侮れない。 地方の専門学校における東京へのコンプレックスが、閉塞感のある空気をかもし出して、私の好きな70年代ホラーの匂いもする。 大活躍の粘土人形「カカメ」は、デビルマンのジンメンの要素があり、 顔が怖いだけのアナベル人形の方が、まだ一緒に暮らせる。 モンスター・ムービーとして観ても面白い。 救いの無い結末も、しっかりホラー映画になっており、続編作れるじゃんと思ってたら、この秋に公開だそうな(俺は関係者じゃないよ)。期待してます。 ラスト、東京の夜景のシーンは流石に取ってつけたような印象だったが、予算があれば、もっとスケールの大きなものを作れますよという監督のアピールのようにも思えて良しとします。 役者はミスiD(ってなんだ?)受賞者とのことで女性陣はそれぞれ魅力的。彼女らの素人演技をカバーして、しっかりと画面を引き締めている黒沢あすかの功績も大きい。 出だしの音楽なんかは「フェノミナ」っぽく、「鉄男」「ブロブ」黒沢清監督作品の終末感といった過去の名作へのオマージュとして観ても楽しめると思う。 ホラー好きなら一見の価値有り。一般向けではありません。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
血を吸う粘土

原題
VAMPIRE CLAY

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル