ここから本文です

不能犯 (2017)

監督
白石晃士
  • みたいムービー 1,767
  • みたログ 3,437

2.98 / 評価:2344件

プラシーボ効果

  • bwa***** さん
  • 2020年10月22日 9時07分
  • 閲覧数 776
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

電話ボックスの電話の下に殺したい事を願って貼付しておくとどこからともなく殺人請け負い人が現れて、代わりに目的の人物を殺してくれる。しかし、殺人する目的が純粋でないとダメで、不純な気持ちがあると自分にシッペ返しがかかってくる。
その人の目は赤く変わり、にらんだ相手は逃がさない。
狙った相手が死んだ後には依頼人も何らかの理由で死んでしまいます。その時にもどこからともなく現れてその死を確認する殺人鬼 宇相吹正。
その事件を捜査する多田友子の回りにも不思議なりきって死を遂げる事件が起こります。

そんな殺人犯 宇相吹正を松坂桃李君、その犯人を追う刑事に沢尻エリカさんが演じています。

プラシーボ効果による思い込みを強くした殺人行為なのですが、かなりそれは非現実的でこの辺りは非常にマンガ的です。
「笑うセールスマン」の喪黒福造を連想させます。
手口は見事です。
警察側がみんな味方だと思えばそうではなかったり、以外性も興味深く見られました。

新田真剣由君や間宮祥太朗君などこれからの俳優さんも多数出演していて、良い演技を見せて頂きました。

音楽もレクイエムのような曲でとても良いです。

沢尻エリカさんとても良いです。
芦名星さんも良いです。
いい女優さんたちなのに、本当にもったいないです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ