2018年2月3日公開

羊の木

1262018年2月3日公開
羊の木
3.3

/ 3,316

20%
23%
32%
16%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(538件)


  • sco********

    4.0

    ミステリーではない

    ミステリーやリアル物として観るとがっかりするかもしれないが、そもそもそういうジャンルじゃないと理解していれば普通に面白い。 ミステリー的な考察しながら観るものではないので、あまり気合入れずに、登場人物の感情やら演出の背景やら考えながら観ると面白い。

  • xdz********

    2.0

    ネタバレ死んだ魚の目をした松田龍平を見る映画。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • red********

    2.0

    わからん

    かなり楽しみに映画観に行ったのですが、よくわからん、ということくらいしか憶えていない。 あ、木村文乃がイラつくのと優香がすさまじかったのは憶えています。

  • taf********

    4.0

    ネタバレ優香キスシーンが凄まじく気持ち悪い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mor********

    4.0

    ネタバレのろろ様がみてる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mim********

    1.0

    映画館で観た人いるのか

    過疎化を防ぐために身元引受人のいない受刑者達を集めるって、普通ならありえない村興手法だし、よほどのアイデアが詰まった作品だろうと期待したが、まったく見どころのない作品であった。   冒頭からずっと不気味な雰囲気が漂う中、松田龍平の親しさのある雰囲気がよく、錦戸亮の空回りと対比でいい感じで進んで行く。木村文乃の選択も納得いくしこれからってところで…「のろろ様のお祭り」が始まり物語は急展開する。 ここからの展開は映画館で鑑賞している人を凍り付かせるほど酷いものだ。 何回も視聴すれば、よさが分かるのかもしれないが、1回だけでは胸糞さだけが残る映画であった。

  • S.I

    3.0

    まあまあの作品

    元「人殺し」が6人も集まれば、こんな風になるかも。というお話。 鬼神のろろとかバカバカしい要素もあるが、他は割とあるかも的な展開だと思った。 優香の役はもっと熟女がやるべきだった気がするが。 松田龍平が一番ヤバい奴っ言うのはいいね。 ヤバいけど悪く感じさせないあたりも。 結局2人死に、3人は更生方向で、1人は要観察。 そしてこんなことがあっても錦戸と木村文乃は付き合えるのか? 「鬼神の祟り」は別としても、ラストがやや緩いかな。

  • yuma101

    2.0

    まったり

    気分によっては、いい映画かもしれない。まったりしたい時に見てれば、もっといい評価できたかも。

  • ma8********

    3.0

    ムード先行、中身はやや残念

    でもムード自体は悪くない

  • afp********

    2.0

    人間ドラマの作品だね

    新参者の映画とこっち迷ってこっち選んで失敗したかなw ミステリーかと勘違いして観たら人間ドラマやん そういうの好きな人はそれなりに楽しめる

  • たーちゃん

    4.0

    ネタバレいい所ですよ。人もいいし、魚もうまい。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • slave

    1.0

    よく公開したというレベルだろ

    酷すぎる。馬鹿にしてるかのようなストーリー。のろろ様やら出演してるキャストも馬鹿らしくて笑ってたんやないの? 北村一輝の祭りからアホらしくて抜け出すシーンなんてリアルかと思えるわw とどめに最後の展開は。。。無理矢理か? 全てにおいて愚作、薄っぺらすぎる。

  • koko

    3.0

    ネタバレ邦画あるある後半息切れ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sin********

    4.0

    ドキドキ

    なんか好きな映画です。もたもたせずにテンポ良く進みますから飽きずに観れますし、大人な裏テーマもなかなかよく描かれていて楽しめました。子供にはみせちゃダメですよ。

  • sak********

    1.0

    残念‥。興ざめしました。

    「のろろ様像の頭部が落下し、ワケあり移住者に直撃」のシーンは、原作が漫画だけに受け入れざる得ないのか‥‥。 「そんなタイミングよく倒壊するわけないやん。SFやないか」と思わずツッコンでしまいました。

  • お買い得品取扱中@さゆか

    5.0

    おもしろい!

    不気味な感じがおもしろかった 流れてくるbgmもよくて引き込まれた 錦戸くんもいいし、松田龍平さんの横顔がめちゃくちゃきれいでした

  • lauryn

    4.0

    普通の人々の不気味なドラマ

    キャストの豪華さと、原作山上たつひこと言うのに惹かれて観た。 普通の市民の中に、ある日突然やって来る元殺人犯6人。色んなキャラがそれぞれユニークで楽しい。地味な市役所職員錦戸が、また馴染んでる。アイドルには興味ないけど、役者としての錦戸君、自分的にはかなり好み。あのかなり地味というか少し暗くて寂しげな佇まいが、こういう一地方公務員に馴染んでるよね。 結局、一番ヤバかったのは松田龍平だったけど、彼はもっともっとエキセントリックに緩急つけて演れる気がするんだが、これは若干弱かった。まあ演出のせいかもしれないけどね。 亡きお父さんみたいに早くなって欲しいところだな。 田中泯、北村一輝とか出番足りないけど、贅沢に見れてうれしいよ。色気強すぎ優香も悪くない。 作品自体はまあアレだけど、時間損したとかは感じない、それなりに見応えある出来だと思う。

  • さーたん

    5.0

    張りつめた緊張感

    刑期を終えた殺人犯たちが、過疎の町で再生を目指すという設定。 過去の殺人の経緯を振り返りつつ、現在の生活を端的に描く前半戦。 後半は、地元の奇祭のろろ様とそこで起こる殺人事件を柱に展開。 水澤紳悟さん、優香さん、市川実和子さん、田中泯さん、北村一輝さん、松田龍平さんの個性的な殺人犯6人だけでなく、安藤玉恵さんや中村有志さん、木村文乃さんらの脇役も味わい深い演技をしている。 そして、主人公の錦戸亮さんがいわゆる普通の公務員を素直に演じきって、映画を最後まで引っ張っていったのがMVP。 新たな人生をうまく進めた心温まるエピソードも交えつつ、殺人鬼の心の闇的な人を信じることについて深く考えさせる展開が、邦画ならではの奥深さにつながっている。 刑期を終えたとはいえ、殺人を犯した人が常に身近にいるという環境の当人と周辺の人たちのなんともいえない緊張感が120分続く。 設定、ストーリー、演出、キャストとも見事と言える上質の作品。

  • tan********

    1.0

    星1つもつけたくない愚作

    設定も良いし役者も揃ってるし、ワクワクしてみたけど酷い愚作でした。時間返して欲しい。

  • cce********

    3.0

    ネタバレ悪くはないが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/27 ページ中