レビュー一覧に戻る
悪魔祓い、聖なる儀式
2017年11月18日公開

悪魔祓い、聖なる儀式

LIBERAMI/LIBERA NOS

942017年11月18日公開

ter********

4.0

現代の駆け込み寺

人間の不安、不満というのはそもそも明晰に分化しうるものではないだろう。 具体的な悩みなら然るべき機関があるかもしれないが、漠然とした生きるつらさを吐き出せる場というのは、現代社会に用意されていない。 専門化し管轄が定められた諸機関に相談しても「それはうちでは扱えない」とはじかれてしまう。 だが、つらさはある。誰かに聞いてほしい。縋りたい。 映画の中で現代はbad thingsが多すぎるから教会に駆け込む人が増えていると語られる。生きるだけで消耗する世界。 現代は過剰なのだ。気付いたら心に巨大な径の「通道」が施されている。一度押し広げられてあいた穴はなかなか満たされることはない。ある種の人間はそこに過剰を流し込んでしまう。そして割れてしまう。そこに悪魔が忍び込む。荒れた心の穴は悪魔の恰好の住処となる。 「出て行け」という聖なる言葉に悪魔は苦しみ悶えつつ抵抗する。 「これはオレとお前の問題だ」作中で悪魔が罵るなかで印象的な台詞だ。 空虚であることと、たとえ悪魔であっても満たされることのどちらがマシなのかわからないからこそのように思える。

閲覧数490