2017年11月3日公開

グッド・タイム

GOOD TIME

R15+1002017年11月3日公開
グッド・タイム
3.2

/ 135

17%
22%
36%
16%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ニューヨークで暮らしている兄弟のコニー(ロバート・パティンソン)とニック(ベニー・サフディ)は、銀行強盗を働こうとする。しかし、強盗は失敗に終わってニックが逮捕されてしまう。やがてコニーは、投獄された弟が刑務所内で酷い目に遭わされた末に暴れて病院へと送られたのを知る。コニーは彼を救おうと、病院に忍び込むが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(26件)

パニック18.0%絶望的16.0%切ない12.0%かっこいい8.0%勇敢8.0%

  • npg********

    3.0

    最後だけ残念

    結構好きな映画かな?っておもったけど  最後がなんか残念でした。 ただ、ロバートがひかる映画です。

  • oce********

    3.0

    パティンソンはこっち側

    兄弟が起こした銀行強盗は見事成功するが、弟はそのあとに逮捕される。 何とか弟を救うため、兄はアンダーグラウンドの世界へと飛び込んでいく。 インディーズの香りが立ち込める世界観であり、突発的な行動が予測できない危険な状態へと向かっていく。 犯罪ドラマだが、小悪党な立ち位置をロバート・パティンソンが演じている。 トワイライトの役柄は全く似合ってないと思っていたが、やはりこういう下の立場の方が本性なのだろう。 普通の終わり方など考えていないのだろうこの監督は。 クレジットを平気で挟んできたりなど、演出でも遊んでいる印象で、この前見た「アンカット・ダイヤモンド」もどこに転がっていくか分からないところが魅力になるのかも。

  • 石岡将

    5.0

    混沌ニューウェーブ

    予測不能の行き当たりばったりカオスムービー。 サフデイ兄弟は〝無茶苦茶な男〟が常に創作の主題なんだろう。 R・パティンソンのいつも薄らマジな表情が、滑稽でシュールで可笑しい。登場人物達が皆ぼんやりとした成り立ちで、それがまた妙にリアル。 クライマックスの上からのショットもとっても素敵。 最後までずっと面白かった。大好き。

  • 一人旅

    3.0

    計画性ゼロの奔走サスペンス

    ジョシュ&ベニー・サフディ監督作。 警察に捕まった弟を助け出すべく奔走する男を描いたサスペンス。 ジョシュ&ベニー・サフディ兄弟が監督を務めたクライムサスペンスで、知的障害を持つ弟と銀行強盗を行ったものの、弟だけが逃げ切れずに警察に捕まり病院送りにされたことを知った主人公が、病院に囚われている弟を救い出すべく奔走する様子を描いています。 弟を取り返すための単独作戦が思いも寄らぬ方向へと転がり込んでいくサスペンスで、“病院から車椅子の弟を無事に連れ出して…”からの新展開はなかなか予想がつかない仕様になっていますし、兄弟だけで完結するはずの物語が赤の他人を巻き込んだ収拾のつかない事態に膨らんでいく―人物相関の複雑化が異色の作劇となっています。 一本筋のストーリーをじっくり見たいという方には不向きなサスペンスですが、計画性ゼロの主人公の行動(人の良心に付け込むのが巧いこと)の一部始終をつぶさに見つめたドキュメンタリータッチの作風は新鮮味がありますし、ご都合主義を排したシビアな結末にも監督の一貫した作家性が表れています。 蛇足1) 知的障害の弟と一分一秒を争う強盗を働くのはリスキー過ぎると思う…。 蛇足2) ジェニファー・ジェイソン・リーが驚くほどにお年を召している(『ヒッチャー』(85)のイメージが強いから余計に…)。

  • ain********

    2.0

    身勝手強盗犯のドタバタ逃走劇?

    銀行強盗により警察に追われる兄弟の姿を描いたドタバタ劇 さしたる見せ場もなく、身勝手な犯罪者の逃亡劇をダラダラ描いて何が凄いのか全然分からなかったです 主人公の兄弟に魅力が乏しいからなのかな? 残念ながら私には退屈でツマラナイ映画でした

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
グッド・タイム

原題
GOOD TIME

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル