ここから本文です

グッド・タイム (2017)

GOOD TIME

監督
ジョシュ・サフディ
ベニー・サフディ
  • みたいムービー 75
  • みたログ 174

3.24 / 評価:131件

雪だるま式巻き込み型災難映画。

  • ちゃび さん
  • 2017年11月25日 21時03分
  • 閲覧数 892
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

くぅ〜!振り切れたね〜、ロバパティ(あれ、こんな略し方しない?)。私にとって、いまだに吸血鬼の人でしかなく、J.ディーンの映画もイマイチの印象でしたが、この作品ではイッてたねぇ、目が!

小悪党だが、クスリや深酒や殺人はしないという妙な筋を通す。人に話しかける態度は悪くなく、thank youやsorryはマメに言う。そして、方向性はナゾだけど、弟を溺愛している。だから憎めないのかもね、ロバパティ扮するコニーのことが。

幼稚すぎる強盗と、その後の頭の切れ切れ具合のギャップがおもしろい。あれが火事場の馬鹿力というのでしょうか、口八丁手八丁ぶりに目を見張ります。行き当たりばったりだから、観ているこちらも予測がつかない。知らないうちに半笑いで引き込まれていました。

ロバパティは汚れ役でもキレイな顔でしょ?でも彼以外の登場人物は、リアリティありすぎな造形で(笑)。なかでも、ジェニファー・ジェイソン・リーに驚愕。往年のかわいさはいずこへ…。

アンビエントなオートクリック・ポイント・ネヴァーのサウンドが不穏な雰囲気にピッタリ。イギー・ポップもいぶしすぎた銀でした。
それと、走行する車のアングルが激かっこよかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ