レビュー一覧に戻る
ビジランテ
2017年12月9日公開

ビジランテ

R15+1252017年12月9日公開

pre********

5.0

ネタバレ「ビジランテ」の悲哀

一郎は父親の価値観を守り、満州から引き上げてきた父親が最初に購入し、50年にわたって中国人コミュニティに貸し渡していた土地を守ろうとする。 二郎は父親の家を守り、代々続く政治家として、名士としての地位を守るために魂を売る。 三郎は父の大事にした家族を守り、バラバラになった兄弟をもう一度つなぎとめようと奮闘し、最後には兄の敵を討って自らも命を落とす。 彼らは、彼らの思う「大事なもの」を守るために、それぞれが「ビジランテ(自警団)」として戦う。その戦いは哀れで、情けなくて、狂っている。 それに付随する二郎の妻や、中国人と若者の物語も、同じ軸の中で捉えるべきものであろう。 守るべきものと、それを守るために狂っていく人々を描いた作品として、非常に素晴らしい作品だと思う。

閲覧数1,566