レビュー一覧に戻る
ビジランテ
2017年12月9日公開

ビジランテ

R15+1252017年12月9日公開

さーたん

3.0

ネタバレ題材はおもしろいけど

入江悠監督のオリジナル脚本による意欲作。 遺産相続、家庭内暴力、風俗、SEX、借金、在日外国人、政治の裏側。いろいろ盛り込まれています。映画でしか扱えないテーマなので、その点で意欲を感じます。 三人の兄弟、大森南朋、鈴木浩介、桐谷健太は、それぞれのキャラも明確でストーリーは複雑でなく、三人三様の想いや思考が垣間見えますが、その背景まで深く掘り下げられていないように思いました。 全体的に暗い映像と、これが現実か!という後味悪い結末なので要注意です。

閲覧数455