ここから本文です

セントラル・インテリジェンス (2016)

CENTRAL INTELLIGENCE

監督
ローソン・マーシャル・サーバー
  • みたいムービー 91
  • みたログ 466

3.52 / 評価:357件

ドウェイン&ケヴィン、新コンビ爆誕!

  • 一人旅 さん
  • 2019年6月23日 14時47分
  • 閲覧数 475
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ローソン・マーシャル・サーバー監督作。

濡れ衣を着せられたCIA捜査官と彼の相棒にされた会計士の活躍を描いたアクションコメディ。

『なんちゃって家族』(13)で観客を抱腹絶倒させたローソン・マーシャル・サーバー監督が、“ザ・ロック”こと筋肉俳優:ドウェイン・ジョンソンとアメリカの人気コメディアン:ケヴィン・ハートを主演に迎えて撮ったアクションコメディで、ウォルター・ヒルの『48時間』(82)に始まったアメリカ映画伝統の“バディムービー”にこれまた伝統の“CIA捜査物”を融合させた娯楽作に仕上がっています。

偵察衛星の暗号コードを盗んだ疑いで当局に追われているCIA捜査官:ボブが、暗号コードを盗んだ真犯人を特定し自身の身の潔白を証明すべく、高校時代の優等生で現在は平凡な会計士をしているカルヴィンを半ば強制的に協力させる―というシナリオのバディムービー型アクションコメディとなっています。

高校時代デブな体型が原因でいじめられっ子だったものの、その後の筋トレが実を結んで現在は筋肉隆々のマッチョマンに変貌しているボブと、高校時代成績優秀で将来が期待されていたものの、現在は平凡な会計士で人生を諦めかけているカルヴィン―という、二人とも“過去を引きずっている”ことがミソとなっています。凸凹同級生コンビのコミカルな掛け合い&騒動&共闘が見所となった王道的バディムービーに、“過去の呪縛から抜け出して前を向きたい”二人の人生再起劇が程よく絡められていて、マッチョで強そうな見た目とは裏腹に、20年振りに再会したいじめっ子の前では高校時代の臆病な自分が再び現れてしまうボブと、自分を変える勇気が持てず肝心な場面で尻込みばかりしてしまうカルヴィンが、一致団結して奮闘する中で弱い自分を克服してゆく様子を格闘&銃撃アクションを織り交ぜつつコミカルに活写していきます。

とてもコメディ寄りの作風が持ち味で、クライマックスの“呆気なさ”はアクション物としてはやや物足りない印象ですが、ドウェイン・ジョンソン&ケヴィン・ハートの主演二人が繰り広げるコメディ色満載のコンビ芸は魅力十分であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 勇敢
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ