レビュー一覧に戻る
ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
2017年11月11日公開

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者

NERUDA

PG121082017年11月11日公開

rom********

2.0

見どころが分かりません。

舞台は1948年のチリ。 大統領は国民的詩人で共産党員のパブロ・ネルーダを弾劾、警察官のペルショノーに逮捕を命じる。 ネルーダは逃亡生活に刺激を受けながら、詩集「大いなる歌」を完成させようとする。 ネルーダとペルショノーの追跡劇なのですが、これが退屈で・・・キツかったです。 何を面白がれば良いのかが分からず、企画書上の見どころって何だったんだろう?と。 ネルーダのことを知っていたらまた違うのかもしれませんが、その人を知らなければ楽しめないのだとすれば、そもそも映画として成立していないなと。 監督はパブロ・ララインで、私はこの監督の「NO」と「ジャッキー」を観ていました。 ペルショノー役のガエル・ガルシア・ベルナルは、「NO」に続き、この監督2作目ですね。

閲覧数962