ここから本文です

今夜、ロマンス劇場で (2018)

監督
武内英樹
  • みたいムービー 1,211
  • みたログ 3,763

4.23 / 評価:3,170件

綾瀬はるかの真骨頂は命のない美女

  • sug***** さん
  • 2018年1月30日 23時44分
  • 閲覧数 6934
  • 役立ち度 353
    • 総合評価
    • ★★★★★

僕の彼女はサイボーグ以来の、綾瀬はるかのはまり役じゃないだろうか。生活感や温もりのない美女を演じてこの人に代われる女優を思いつきません。

モノクロのツンデレのナンセンス映画から抜け出たお姫様が、オードリーヘプバーンにすら見えるから凄い。

そして、人生をかけた究極のプラトニックラヴがこの時代にどれだけ通用するのかも興味深いところです。

まあ、ベタな設定にベタな展開なんだけれど、CGや3Dはおろか、カラーすら着いてない戦前のシネマは、見る人の想像力でぱんぱんに膨らませなければ成立しなかった。その頃のロマンスって、こういうことだったよね、という忘れていた感慨がふつふつと蘇ります。

加藤剛が死の床で書き上げたハッピーエンドは、まるでタイタニックのラストのよう。
とにかく理屈を捨てて、綾瀬はるかに酔ってください。かつての青春に万歳。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
  • コミカル
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • 楽しい
  • 泣ける
  • 知的
  • 笑える
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ