2017年11月25日公開

ドクター・エクソシスト

INCARNATE

862017年11月25日公開
ドクター・エクソシスト
2.9

/ 124

4%
20%
48%
17%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ドクター・セス・エンバー(アーロン・エッカート)は、悪霊に取りつかれた人の潜在意識の中に入り込んで除霊する優れたエクソシストだった。彼はかつて悪霊に妻子を殺され、現在は車椅子生活を送りながら復讐(ふくしゅう)の機会を狙っていた。バチカンもさじを投げた11歳の少年キャメロン(ダヴィード・マズーズ)に取りついた悪霊こそが、セスが追う“マギー”で……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(30件)

パニック13.2%絶望的13.2%勇敢10.5%不気味10.5%恐怖10.5%

  • oce********

    2.0

    エクソシストを治す医者

    タイトルまんまで、夢の世界に入りエクソシストに取り憑かれた人を治す医者の戦いを描くホラー作品。 節操ないというか潔いというか、エクソシストの設定をそのまま使い、治す側を主役に仕立て上げただけのお手軽ホラー。 アーロン・エッカートはこの手の安っぽいホラーによく出ていて、「アイ、フランケンシュタイン」なんかも似たような役柄であった。 怖さもかなり大人しい。 せっかく憑依という手段があるのに、それを使って盛り上げようともしない展開。 最後のやつは続編作るとかは考えてないよね?

  • unm********

    3.0

    設定は最高、内容は強引!

    悪魔祓いでも、幽霊退治でもなく、治療といいはる主人公。 彼は憑依された者の潜在意識、つまり夢の中で現実を当事者に認識させ悪魔から切り離すというお祓いをやっています。 当事者の夢の中に入るには自身も仮死状態になり助手達に何かあれば医学的手段で助けてもらう。 主人公は身体障害を負い車椅子で、その原因かとなった交通事故の加害者が実は悪魔に取り憑かれていて、その事故で妻と息子を亡くした過去をもつ。 そんな中、その事故で遭遇した悪魔に取り憑かれた少年を祓いに、、という話です。 設定は斬新で、悪魔祓いというより夢の中で悪魔らしき人物と殴り合い、適当なタイミングで現実に戻るドアや窓が開き、そこへダイブ! ここが雑というか強引かつ、悪魔っぽさがない肉弾戦なので、そのお祓いシーンに拘るならクオリティーをあげて欲しかったです。 夢の世界へは8分間のみ、取り憑かれた者に触れると憑依されるという細かい設定はあるのですが、そのルールを無視した感じのぐちゃぐちゃなラストで評価が下がりました。 途中まで良かったですが、ホラーアクションならそこを追求して欲しかったです。

  • nxn********

    1.0

    ネタバレ設定がぐだぐだ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • par********

    3.0

    その親指をどけろ

    教会でもお手上げの案件を正規じゃない祈祷師……つまり、エンバーはウォーレン夫妻的な立ち位置かな(´-ω-`)?エクソシストと聞くと普通のお祓いのイメージだったけど、特異能力と科学の力を連動させて外からではなく内側から悪霊を叩き出す方法なのか(´-ω-`)やっぱり、最後の手段はキャメロンを連れ出すより悪霊との殴り合いだよな(笑)夢の世界からの脱出し、まさかの全部エンバーの夢オチでハッピーエンド?!……と、思ったけど、そこまで甘くはなかったぜ(苦笑)いつからだ?いつから観ている人たちは悪霊に騙されていたのだろうかΣ(゚д゚lll)?そして、最後の終わり方は……。インシディアスの製作に携わっているので観てみましたが、思っていたよりは良かったです(*´∀`)

  • sar********

    3.0

    いまいち

    手堅く地味だが、面白くはない印象。 悪魔祓いも患者の心理世界に入って治すというのも使い古されすぎた内容なせいもあるかもしれない。 後、日本人には理解できないがあちらでは神や悪魔は身近に実在する物という前提があるので、そこも馴染めない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ドクター・エクソシスト

原題
INCARNATE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル