ここから本文です

ザ・サークル (2017)

THE CIRCLE

監督
ジェームズ・ポンソルト
  • みたいムービー 298
  • みたログ 1,365

2.83 / 評価:1,064件

もっと評価を!!! SNS世界の警告

  • sui***** さん
  • 2019年7月15日 22時16分
  • 閲覧数 1023
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず、この映画の評価を星5にした理由ですが、SNSという怪物と今の価値観に対する警鐘を鳴らしている、有りそうでも実は踏み込んだ物としては稀な作品であるため、注目してほしい願望を込めた星5です。

~~~~~~~~~

物語:人が豊になるサービスを提供すればするほど、プライベートが消えてゆき、一部の人を不幸にするストーリーライン。しかし、それは実際の世界で起きている問題ばかりです。
幕引きは意外ですが、世界大戦でもないと、今の現実世界でも解決方法はないと思いますので、問題は感じませんでした。あのラストは警告です。

配役:常に正しくあろうとする配役が多いトム・ハンクスが、悪意なきカリスマ役経営者に。サービスで死者が出ると、その死を悼みます。しかし、邁進します。これは怪演です。
エマ・ワトソンも主人公気質ですが、今回は翻弄される役を与えられてます。
二人の影に隠れてしまってますが、ジョン・ボイエガもオイシイ役で出演。

演出:スタイリッシュな演出はいいですね。見返すと分かるんですが、言及しないものの、今の世界の問題点がピックアップされてます。
口論を皆が撮影していたり、何でもリアルタイムで発信する主人公に、途中から誰も接触しようとはしてないのが、大きなポイントです。

映像:僕も気になった点。日本で評価が低くしてる原因です。SNSコメントが中国語が多く、日本語は皆無。これは昨今の中国に気を遣うハリウッド候なのが残念―――――とおもいましたが、現実はこのようなものです。
日本人の多くは英語を読めない、中国は英語を読める人も多く、米国圏にアクセスし、コメントはあえて中国語を残すパターン。日本人はまとめサイト止まりで、自己での検索能力が低い。そもそも人口の差が差ですし。あと、外国の人には、簡体字、繁体字、日本語、全部呪文だと思います。
映像そのものは、途方もないCGを使ってるわけではないです。また、撮影規模も大きくはないです。ただ、さすがセンスは高い。


音楽:星5!!! その理由は既視感(既聞感?)。なんか聞いたことある音楽、リズム、種類です! テレビのCM、ネットの広告で聞いたことあるあのスマホの音楽によく似てます。それに限らず、意識させるためでしょう。最近は外国産ITの商品って、あんな音楽ばかりです。
監督もスタッフも、良い感じに喧嘩売ってて好きです。
こんな理由で星5にする日が来るとは思いませんでした。


『概要』

 映画の舞台であるIT大手サークル。
 社旗は、大手G〇〇gleを彷彿とするデザイン。日の丸と推察する方々もいますが、明らかにG寄りです。また、動画配信サービスのデザインは敢えて言及する必要はないですね。

 エマ・ワトソン演ずる主人公はこの会社の新入社員です。

主人公は、慣れない職場環境、慣れないSNSを使ったプライベートの発信に苦戦しますが、抵抗感は次第に薄れ、中盤以降は、自ら24時間プライベートを発信するようになります。
これは、今の世の中の価値観の変化とリンクしてます。監視カメラも防犯に便利と認められ、ビックデータの収集も検索に便利と受け入れ、レシートの買取すら受け入れらるようになった今の世界です。
 

『総評』

 私個人の邪推ですが、この映画は評価が低すぎます。大手SNS企業に操作されているようにすら思えてくるのです。普通、このレベルの作品の知名度だと、主演女優が誰か、トムハンクスの演技が良かったと、勝手に星は3,5以上をキープしたりします。
しかし、この作品は、低すぎます!!
社旗が日の丸みたい、ストーリーが解決してない、エマ・ワトソンはアイドル女優、など中々に辛口。
まず、社旗が日の丸みたいは、何でも旭日旗に見えるでキレてるどっかの国みたいな感性です。知識があればどこの国のなんの会社叩いているか分かるハズ。
ストーリーが、結末が、解決してないとされてますが、裁けない元凶に復讐するシーンがありますし、本当にストーリーで解決させたいなら、「みんなスマホを捨てるんだ!」とか「こうして主人公は大自然の中で家族と住むことにしました」とか「核パルスで電子機器が壊滅した」とかになります。そんな陳腐なストーリー期待しますか?
エマ・ワトソンアンチも怖い!


主人公の友人が「いいね、わるいとボタンで評価する。中学生の発想だ」だというシーンは、この映画でも非常に印象深い台詞です。

周囲のいいねと、この映画の実際の価値、どっちが高いかお試し下さい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ