2017年12月16日公開

52Hzのラヴソング

52 HZ, I LOVE YOU

1092017年12月16日公開
52Hzのラヴソング
3.9

/ 27

41%
37%
7%
4%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

バレンタインデー当日、生花店で働くシャオシンは朝から大忙しだが、共に過ごす恋人はいない。一方パン屋に勤める職人のシャオアンは、店の注文品に紛らせて、ひそかに思いを寄せるレイレイに贈るスペシャルなチョコレートを作る。その後シャオシンが乗る車とシャオアンが運転するバイクが、接触事故を起こし……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(5件)

かわいい18.5%ロマンチック18.5%楽しい14.8%かっこいい7.4%ファンタジー7.4%

  • new********

    3.0

    最後の最後で・・・

    おもちゃ箱をひっくり返したようなカラフルな可愛らしい小品。 全17曲のオリジナル楽曲。 主人公4人の歌うラブソングが耳に残ってきたのも束の間、 ラストの1曲、海角バンドの「大きな世界 小さな世界」で 完全に心を掴まれてしまう。 最後の最後で『海角七号』の映像がよぎってしまい、 主人公4人の印象が一気に薄れてしまった感が否めないのは少々残念だ。

  • mai********

    4.0

    何だかホッコリして素敵

    シャオシンの表情豊かな明るさにまず惹かれて… シャオアンのモーニングコールに切なさを感じて… ダーハーのサプライズを企む無邪気さに楽しさを感じ… レイレイの心の行き詰まりに苦しさを感じる。 ミュージカル映画はあまり好きじゃないというか苦手なんだけど 何だか肩の力を抜いて気楽に楽しめた作品でした。 大げさな歌い踊りではなく あくまでも等身大の彼ら彼女らの心情が歌に踊りに反映されていて 凄く身近な、温かみを感じました。 シャオシンを演じるジョン・ジェンインさんの愛嬌ある表情に なぜかKOされつつ ああ、私はウェイ・ダーション監督の作品ってことごとく好きかもしれないと改めて感じてしまった素敵な作品でした。

  • bac********

    4.0

    心地よりミュージカル映画

    「グレートマンショー」を見た流れもあり、ミュージカル映画と いうことで見てきました。 なかなかの心地よい音楽に包まれ、心が温かくなる映画でした。 映画でも音楽でも台湾作品に触れる機会がありませんでしたが 台湾エンタメ、面白いです。 バレンタイン・デーの1日の描いた物語で、どこか 「ラブ・アクチュアリー」的な感じも見やすかったです。 2組の男女を中心に、繰り広げられる様々な恋模様。 そして、登場人物のそれぞれの心情が、分かりやすい詩と 音楽で語られています。 気楽にみて、楽しい気持ちになれる、素敵な作品でした。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ“鯨と猫”バージョンのポスターは素敵!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    5.0

    幸せな高揚感いただいた

    バレンタインデーの台北の1日の群像劇でミュージカル映画。 甘いバレンタインデーの1日は、誰もが愛で溢れまくってる。 この日ばかりは、マジックにかかるような感じですかね。 現実的な女性と夢見がちな男性のメインキャラ2人の関係には、ヒヤヒヤしますが、素敵なお二人でした。 楽曲がよくて、素敵な歌詞ばかりで心に響きます。 最後は、幸せな高揚感をいただきました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


リン・ジョンユー小安(シャオアン)
ジョン・ジェンイン小心(シャオシン)
チェン・ミッフィー蕾蕾(レイレイ)
スミン大河(ダーハー)
リン・チンタイ東師傅(ドン師匠)
シンディ・チャオシャオシンの叔母(阿姨)
リー・チエンナ美美(メイメイ)
アンダーソン・チェンシャオシンの弟
スン・ルイシャオシンの弟の恋人
ファン・イーチェンバンドのリードボーカル&ギタリスト
マー・ニエンシエンバンドのベーシスト
イン・ウェイミンバンドのドラマー
ミンションバンドのキーボーディスト
田中千絵レストランのチーフ
マイズレストランの従業員
シノ・リンレストランの従業員
マー・ルーロンレストランのカップル客

基本情報


タイトル
52Hzのラヴソング

原題
52 HZ, I LOVE YOU

上映時間

製作国
台湾

製作年度

公開日