ラスト・スペースシップ
1.9

/ 20

0%
5%
20%
30%
45%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(6件)

パニック40.0%不気味20.0%不思議20.0%絶望的20.0%

  • ali********

    4.0

    敵はどこにいるのか?ーテーマも映像も立派

    CG映像は立派でB級ではなく、A級に近い。 重要な「教訓」も得られます。  ●地球はありがたい星だ。地球を破壊してしまい、宇宙で暮らすのは困難。  ●他の船(やクルマや家などなど)に乗り込むときは十分注意し、できれば乗り込まない方が良い。  ●閉ざされた少さなグループでは、不安定な(異常な)人が1人いると混乱し、ちょっとしたきっかけで深刻な問題になりうる。➡これが後半のテーマで、楽しくはないがリアルでしたので★★★。 ストーリーですが、全面核戦争で世界が破滅したあとなので、脱出した宇宙船ペガサス号の雰囲気が明るいわけがない。物資や食料も足りない。グルーミーに進行しますが、そこに多少のフレンドリーなシーンが入り、味わい深いです。乗組員のうち、2人の快活なイギリス女性、アフリカ系のまじめな男性、船長などは割にいい感じで、セリフのやり取りも興味深い。ここまでは、SF映画として異例の時間を掛けたていねいな進行で、★★★★に値するでしょう。 中盤で雰囲気が一転し、応答のない謎の中国宇宙船と遭遇。戦争の相手国らしく、船内伝染病の危険もあるので、構わず惑星探査を優先させるべきなのだが、物資不足を補おうとして立ち入ってしまいます。そこで中国人の子供を発見。 ・・・ここまで見ましたが(私はストーリーが複数日にわたる映画は、複数日に分割して鑑賞します)、イヤな予感がします。・・・(数日後)その通りになりました。異民族へのヘイトが、自分たちの破滅につながってしまう。他の民族を敵だとして激しく攻撃する政治家を当選させてしまい、その政治家が国民を破滅させる悲劇です。それを示唆する映画であれば、★★★★ですね。 その悲劇はありうるとしても、最後、ペガサス号が宇宙船の船体に小さな穴が空いたくらいで墜落するというのは、おかしい。ここを常識的なラストに変えれば、愛されるSF映画になったでしょう。全く、惜しいことです。もっとも、冒頭でこっそり語られるように、このペガサス号の犠牲の上に、他の宇宙船群がその第2の地球に到着するのではありますが。 本来は、惑星に順当に着陸して、水と空気があり、何とか第2の地球を作れそうだという、そんな平和な映画が見てみたかったです。(しかしそんな惑星には、普通はエイリアンが居るもの。)そのタイプの展開は、アメリカ映画の『地球最後の日』、ドイツ映画の『パンドラム』くらいでした。 イギリスは、ロマンス映画はヒューマンで楽天的なのに、SFになると暗い、悲劇的な作りが好きなようで【注】、不思議な文化であります(例、『サンシャイン2057』『ドウームズデイ』)。でも日本では、こんな含蓄の深いSF映画は作れないでしょう。  【注】本作は次のように、イギリスのAMAZONでは高評価も多いので、やはりイギリス好みの作風のようです。  5 star9% ’Great Sci-Fi writing that is easily within the bounds of realism.’ など  4 star24% ’Thought-Provoking Human Drama. For Fans of Gravity, The Martian or Interstellar...’ など  3 star17%  2 star15%  1 star35% 比較のために、AMAZON全体での分布は、★5つから順に、9%、19%、14%、17%、41%。イタリアのAMAZONでは、レビューが少ないが、★5が20%、★2が20%、★1が60%と、低い評価です。

  • dia********

    2.0

    ネタバレ盛り上がりはあまり無い。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mta********

    3.0

    なんだろう

    それなりにリアルなんだけど、なんか釈然としないラスト。

  • ang********

    1.0

    ネタバレ平均レビュー点数1.57かな

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yio********

    3.0

    中国人をやたら蔑んでいる

    これはまぁ致し方ないが。 宇宙船の中で次々と殺人が起き、拾われたチャイニーズボーイが犯人と疑われるが、犯人は何とクルーの中に潜む人種差別主義者の狂いだったという話。 SFサスペンスだろうが、筋が単純すぎ意外性に乏しいのでB級としての2くらいが関の山。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラスト・スペースシップ

原題
THE LAST SCOUT

上映時間

製作国
イギリス

製作年度

公開日
-

ジャンル