2017年12月16日公開無料配信

花筐/HANAGATAMI

PG121692017年12月16日公開
花筐/HANAGATAMI
3.4

/ 272

28%
25%
19%
15%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1941年春、叔母(常盤貴子)が生活している佐賀・唐津に移り住んだ17歳の俊彦(窪塚俊介)は新学期を迎え、美少年の鵜飼(満島真之介)やお調子者の阿蘇(柄本時生)らと勇気を試す冒険に熱中していた。肺病に苦しむ従妹の美那(矢作穂香)に恋する一方、女友達のあきね(山崎紘菜)や千歳(門脇麦)とも仲がいい。そんな彼らに、いつしか戦争の影が忍び寄り……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(59件)

切ない12.3%不思議11.7%ファンタジー10.5%不気味9.3%ロマンチック8.0%

  • pin********

    3.0

    万人受けはしないグロテスクコラージュ。

    大林監督の若いころの脚本を晩年になって映像化したものだとか。 もう、なにを描こうとしているのかなんてどうでもいいですね。 大林ワールドというか、大林映像を楽しむためだけのもの。 反戦だのなんだのは、とってつけたような感じで不必要ですよね。 大林監督はいつもそれらしい理屈をつけてお話をしてくれるんだけど、そういうとってつけたような解説はいつも、実際に作っちゃったものとはかけ離れちゃっているように思います。 で、監督のお話よりも、できちゃった作品のほうが面白いんだからそれでいいと思うのです。 まあ、ときどき、とんでもないものもできちゃいますけど。 本作はその「とんでもないもの」のほうかな。 どう見ても学生には見えないオジサンたちが、青春ごっこをするところは、ちょっとグロテスクですが、いつの間にか「それもありか」と思わされるのは大林ワールドのなせる業。 いつも可愛い女の子を拾ってくるところが、大林監督の凄いところなのですが、この主演の女の子はさほどブレイクしなかった感じがするのは残念。 時代のせいでしょうか、ヌードに見せかけて、肉襦袢を着ていることが見え見えというのも大林らしくありません。 まあ、懐かしの大林ワールドという点では楽しめるのですが、せっかくの妖しい世界が、この肉襦袢一枚で台無しになっているような気がするのはさらに残念。

  • kaz********

    4.0

    「青春が戦争の消耗品だ」なんてまっぴらだ

    心に沁みる美しい映画だ。大林監督て、いつまでも青春の躍動を忘れない監督だなと感心する。舞台が大好きな唐津なのもいい。とりわけ、唐津のシンボルともいえる高島(映画では母の島)が常に背景にあるのが素敵だ。 1941年、アムステルダムから唐津の叔母を頼り帰って来た俊彦は、予備校で磊落な鵜飼、虚無僧のような吉良、剽軽な阿蘇と友達になる。明るい俊彦は、鵜飼に誘われた名護屋城で千歳、アキネとも親しくなる。叔母の家では、肺病を病む美那に憧れながらキスを断られる。鵜飼と俊彦は『冒険』と称して盛り場で酒を飲んだり、裸で馬に乗り浜を駆けたりする。吉良を誘ったピクニックでは、俊彦に鵜飼、吉良、阿蘇、千歳、アキネに叔母と美那まで参加し語り合う。おくんちが過ぎて、真珠湾攻撃が起こった12月8日、叔母の家にみんなが集まるが・・・・・・・。 主人公の俊彦は明るくいつも笑っているが、優柔不断なところがある。美那が叔母に『俊彦のことをどう思っているか』と訊かれ、『明るいお昼のような方』と答える。美那は男たちからは皆好かれているようだ。あの虚無僧のような吉良でさえ相好を崩していた。一方、鵜飼は女たちからの憧れの的で、美那も鵜飼のことが好きなようだった。『恋は劇薬』と言った叔母さえラストシーンでは鵜飼の愛の渦に巻きこまれたような描写だった。 アキネが『誰も死なない。殺されない日が来るといいね』といった言葉が心に残る。俊彦は『戦争なんかに殺されないぞ』と叫び、そのとおり一人生き残ったが、なんとも侘しい。

  • oir********

    1.0

    情緒なき原始的CG切貼りとっ散らかり映画

    うーん・・・まるで大林監督の「死に際における走馬灯のように過ぎ去る記憶映像の断片」を延々見させられたような気分。 ひたすら安っぽいコラージュCG画僧と耳障りな複数BGMが落ち着きなくダラダラ流され続けるだけ。 戦争前後の時代的雰囲気も悲恋や出征の深い情緒もまるで感じられず、ロケ地(実際に行ったのかな? 全部CGだったりして・・)の空気感も全然伝わってこない。 なんだろうなぁ・・黒澤明監督の「夢」を見た時のような諦念的気分にもさせられてしまいましたね。 大御所になって何気兼ねなく好き放題自分のイメージを映像化できるようになるのも、それはそれで「視聴者置いてけぼり」にされるだけで、決して万人にとっていい映画になるわけではないのだなぁと。 でも、ファンの方にとってはこれぞ大林監督作品と肯定的にとらえることも当然可能と思われる。 個人的には何点か物凄く気に入りの作品があることは事実だけれど、大林監督の全てを敬愛するファンの域には達していなかったのだと痛感された次第です。 大林監督ごめんなさい・・・。1.2の一つ星

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    3.0

    「うーんマンダム」を知らずに大林を語るな

    これだけ情報過多な時代にあってエンタメではないと批判してる人達がいる事に笑止千万と感じます。 大林世代から言うと彼は映画の巨匠監督ではありません。本職は映像ディレクターで主戦場はCMです。もう一つ言えば代表作は山口百恵と三浦友和のグリコアーモンドチョコレートです。同世代で知らない人はいません。 彼の映画は実験であり、テーマは趣味的世界観です。 今作に於いては「ハウス」より前に発表したかったけど叶わなかったというお蔵入り作品であり、テーマは青春だそうです。 ノンポリの主役の視点から見えるナルシストの友人と三島由紀夫を模したという世捨て人的友人との葛藤の日々を、歳上の叔母と従姉妹の姉妹から匂い立つエロスを世界観に取り混ぜて構成させてます。 原作にある程度忠実ですが印象は別作でしょう。 アートというならそうかもしれませんが、端的に言えば面白くはないですよ。 賞賛してる奇特な方もいらっしゃいますが、彼が成し遂げて来たのは「ブーム」です。 今作は時代にそぐわず、そうはならなかったと思います。

  • ron********

    3.0

    大林監督でしか表せない表現方法

    檀一雄による同名短編小説を大林宣彦監督が映画化。 「この空の花 長岡花火物語」「野のなななのか」に続く“戦争三部作”の最終章。 1941年の佐賀県唐津市を舞台に、戦禍の中に生きる若者たちの心が火傷するような凄まじい青春群像劇を、圧倒的な映像力で綴る。 出演は「野のなななのか」の窪塚俊介、「三度目の殺人」の満島真之介、「マイ・バック・ページ」の長塚圭史、「彼女の人生は間違いじゃない」の柄本時生、「クレヴァニ、愛のトンネル」の矢作穂香、「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の山崎紘菜、「世界は今日から君のもの」の門脇麦、「だれかの木琴」の常盤貴子など。 脚本は大林宣彦と「HOUSE ハウス」「ふたり」の桂千穂。 音楽の山下康介、撮影・編集の三本木久城、美術の竹内公一、録音の内田誠ら「野のなななのか」スタッフが引き続き参加。 主題歌は門脇麦の「月地抄」。 2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画2位、日本映画監督賞(大林宣彦)、第72回毎日映画コンクールの日本映画大賞などを受賞した作品です。 映倫区分PG12 2017年作品 日本映画 配給は新日本映画社 上映時間169分 この作品は、劇場公開時に見逃してました。 今回が初見です。 今、Amazon primeで観れます。 大林宣彦が1977年の「HOUSE ハウス」より以前に書き上げていた脚本を映画化した作品です。 1941年の太平洋戦争勃発前夜の佐賀県唐津市を舞台としていて、劇中登場する唐津くんち祭りの描写がとても印象的です。 とても大林宣彦監督らしい作風で、もうこれは大林監督でしか表せない表現方法です。 わざとなちゃちな合成、色彩、文字の入り方、物凄い数のカット割り、カメラアングル、芝居がかった演技に珍妙な台詞・言い回しなど、まさに大林作品です。 そしてなにより、反戦へのメッセージのストレートなところと、当回しなところ。 若い頃のアイドル映画監督の時でなく、晩年の大林監督にしか撮れない映画ですね。 2020年に劇場で観た「海辺の映画館 キネマの玉手箱」と同じような雰囲気です。 ただ今作の方がカット割りが多いのか、上映時間169分と長編なのに、全編目まぐるしい展開。 それが最初から最後まで続きます。 特にこの2作品はやりたい放題な感じです。 大林監督のファンならいいと思いますが、ファンデなければちょっとしんどいか。 大林監督の反戦への伝いたいメッシージの熱量はわかるけど、この世界観にハマらなければ、途中で観るのをやめてしまうかもです。 好き放題にやるというエネルギーだけで生まれる映画という感じですかね。 個人的には今作よりも「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の方が面白かったし、心に刺さった。 「野のなななのか」よりは、メッセージがストレートではない。 今作は原作ものなので、原作はどういう雰囲気なのか読んでみたくなった。 ■興行収入 2017年12月16日公開。 興行収入はわかりません。 ちなみに大林監督の遺作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」は興行収入4070万円と最後の作品なのに、寂しい数字。 コロナ禍だったのでしょうがないですかね。。。 星3つ半(5点満点) ★★★☆

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
花筐/HANAGATAMI

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル