ここから本文です

ブラックパンサー (2018)

BLACK PANTHER

監督
ライアン・クーグラー
  • みたいムービー 741
  • みたログ 5,262

3.65 / 評価:4092件

誉め殺し

  • joz***** さん
  • 2020年11月13日 16時50分
  • 閲覧数 203
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

評価が高い映画であります。

あの辛口評論家の次女さえも絶賛しているんです。

何で?

今までのマーベル作品と何が違うの????

なぁ~んにも違いません。

荒唐無稽のヒーローものです。

・・・・・・・

これは、極めて政治的メッセージの濃い作品です。

黒人のスーパーヒーローです。

アフリカに秘密の国があって、文明、科学、治世の全てに於いて白人社会を凌駕しています。

黒人は白人より劣るという前提に対するアンチテーゼとして描かれます。

白人はアフリカを暴力で侵略し、詐取し、奴隷化し、資源を奪う存在です。

実は、黒人の方が遥かに優秀であると描かれます。

そして、最後の場面で、主人公は国連で演説します。

「壁を築くのではなく、橋を架けよう。」(もちろんトランプが念頭にあります。)

「違いばかりに目を向けず、同じことの方に目を向ければ、同じ方がずっと多いと気付くだろう。」

・・・と。

正に黒人の立場に立った主張です。

そんなこともあって、この映画は黒人層に熱狂的に受け入れられたと聞きます。

・・・・・・

しかし、ぼくには綺麗事にしか映らないのです。

黒人を誉めそやしている一方で、野蛮で迷信を信じるステレオタイプな描きかたをしているのです。

謂わば【誉め殺し】にして、影で笑っている白人たちの悪意が透けて見えてしまうのです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ