2018年2月10日公開

ぼくの名前はズッキーニ

MA VIE DE COURGETTE/MY LIFE AS A ZUCCHINI

662018年2月10日公開
ぼくの名前はズッキーニ
4.0

/ 283

38%
39%
17%
4%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

9歳の少年イカールは突然の事故で最愛の母親を亡くし、同年代の子供たちが共同生活を送る施設で暮らすことになる。母がつけてくれたニックネームの“ズッキーニ”を大事に思っている彼は、最初は新しい生活に慣れずにいた。だが、それぞれ問題を抱えた子供たちと接するうちに、イカールも彼らと少しずつ打ち解けていき……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(51件)

切ない16.4%かわいい15.0%楽しい11.1%悲しい10.6%泣ける10.1%

  • とし

    4.0

    日本ならキュウリか?

    2021年11月14日 映画 #ぼくの名前はズッキーニ (2016年)スイス・フランス映画鑑賞 ネグレクト、虐待などいろんな理由で児童養護施設に預けられた子どもたちが主人公のストップモーションアニメ 苦しくなるような内容からの、できすぎなエンディングですが、個人的には好きです

  • monmon

    4.0

    現実味があるアニメ

    ひつじのショーンみたいな可愛いアニメを想像してテレビで放送された物を録画… どんな映画か全く知らずに観てしまいましたが、 反抗期中の小学三年生の子供は孤独な主人公に親近感を持ったようで面白いと言って最後まで集中して見ていました。 世の中には親と暮らせない子供が存在することや 大人の闇、孤児院の子供達の悲しみを知って 全て現実の世界でも当たり前に存在することだと理解していました。 日本の性教育が遅れているので、孤児院の先生がご主人?とキスしている時の子供達が話している下ネタの部分はウチの子供には理解できるか今ひとつでしたが車の中で皆が喋った後に主人公が最後に言った言葉で意味が繋がったようです。 大人向けで子供向けじゃないという人もいると思いますが、 個人的に幼児向けではないが、小学生でもその子の精神年齢が高ければ見せていいと思います。 心に残らない非現実的な日本のアニメよりは この映画は子供や子を持つ親には見て頂きたい 映画です。

  • nisan

    4.0

    映像とストリーのギャップ

    内容的にはR15って感じかな。 近くにそういった施設があり、そこの子達は良い子なんだけど、違和感というか独特の偏りを感じていて。。。当然、それは本人には全く責任はなくて。。。そんな事を考えさせられた映画でした。

  • hir********

    5.0

    ネタバレ孤児7人の友情が心をうつ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Multiverse

    5.0

    文部科学省特別選定

    なんか自分のように感じたかなあ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ぼくの名前はズッキーニ

原題
MA VIE DE COURGETTE/MY LIFE AS A ZUCCHINI

上映時間

製作国
スイス/フランス

製作年度

公開日

ジャンル