2018年3月2日公開

ダウンサイズ

DOWNSIZING

PG121352018年3月2日公開
ダウンサイズ
2.7

/ 715

7%
15%
35%
28%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(142件)


  • chi********

    2.0

    ネタバレ期待を裏切る内容だが・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 太郎

    3.0

    ネタバレストーリーは詰め込みすぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • シナモロール

    1.0

    ネタバレモヤモヤ感を味わいたい時にみる映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kis********

    3.0

    この監督にしては少し安易な気が…

    サイドウェイズやネブラスカは大好きだったのですが…。 今回はSFということで評判こそ芳しくなかったもののちょっと気になったので視聴。 うーん…、お話のつまらなさというより残念だったのがこの監督にしては少し安易な印象を受けてしまいました…。 世界観ではないんです…。それよりはラストのセリフで説明しちゃう感じとか、オチとかが…一周回ってなんだか安いアメリカ映画になってしまった感じが残念でした。 やりたいことは分からなくもないんです。でもちょっと消化不良な印象が…。 でも意外と世界観はちゃんとしてるんです。社会的な考証とか、ちゃんとやってます。でもそれも「もうちょい広げられるんじゃね?」って気もしました。 これって実はもうちょい長ければ傑作になったじゃ?って気もします…。3時間くらいのSF。まあ見る人少ないかもだけど。 この監督はゆったりと少し意地悪であったかいホームドラマ向きだと思うので次回作に期待ですね。

  • coc********

    3.0

    ネタバレ変わったお話し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bej********

    2.0

    ネタバレ期待はずれ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mik********

    5.0

    ネタバレ環境問題か目の前の問題か

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aka********

    3.0

    絶対観ている

    この映画の作者はウルトラQの『8分の1計画』を絶対観ているぞ。30分だけどこの映画より絶対おもしろい。

  • yuu********

    3.0

    材料を料理しきれていない感じ

    個人的には面白い内容でしたが、それでも素材を生かしきれていない内容でした。 せっかくの小さくなった設定なら、もっと普通サイズの人間との対比を描いたりしたらよかったのになと思います。 所々あるギャグはクスッときましたが、それでもエッセンス程度なので、もう少し脚本に緩急がつけば良かったのかと思います。

  • やふたろう、やふこ

    1.0

    ネタバレベトナム女がきもい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kat********

    2.0

    デイモンのムダ遣い。

    マット・デイモンが好きなので見てみた。 奇抜な発想も良く、配役も良いのにストーリーがイケてない。 マット・デイモンをムダ遣いしてるように思えたな。 正直あまりオススメしません。

  • ヱルカ

    1.0

    ネタバレ素材がもったいない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あき

    3.0

    それほどコメディではない。

    トレイラーではコメディっぽい軽い内容のようですが、環境汚染、食料問題、人口爆発など人類の危機が叫ばれており、近未来SFのようなお話しだと思ったんですが、主役のマットディモンの生きがい指南の内容でして、小さくなったら色んな事が見えて来たってお話しなんですね。小さくなくてもいいんじゃねと思ってしまう部分があります。しかしクリストフヴァルツとウドキアーのツーショットがいかがわしくて楽しい。

  • git********

    2.0

    失敗作だと思う

    ?これで終わり?脚本が悪いと思う。 結局 普通の世界と変わらない!じゃ つまらないです。もう少し的を絞って 一つのエピソード的に纏めて欲しかったんです

  • Cakewalk

    3.0

    元に戻れなくなるのかな?

    面白い世界観だったけど、ミクロになっても声は普通に届くんだね。笑 ミクロキッズでは声が届かなくて苦労してるシーンがあったけど、今作でも拡張機とか使ってその辺もリアルに描いて欲しかったな。 ミクロになる前に丸刈りにするシーンが印象的だ。

  • cra********

    2.0

    設定を生かせていないとかではなくて

    ダウンサイズ(小人化)したところで、人間の本質はかわらない、みたいなことなんだろうけど、それでも弱い。 とにかく長い、胸糞展開、途中からテンポ悪い、(あえてなんだろうけど)主人公に主体性が無い、極悪人がいない、わかりやすすぎる環境破壊や貧富の差に対する問題提起、突然のオカルトチック、などにより、ただただ眠い。 ヒーローものではないが、「悪人」がいないと映画が締まらない典型。 全員うっすら善人だと、こうも薄味になるのか、といった感じ。 どうしても観たい方は、1.5倍~2倍速での鑑賞をおすすめします。 当方1.5倍速でも長く感じました。 等倍速で観てたら☆1だったかも。

  • yok********

    3.0

    話もややダウンサイズでした。

    アイディアは面白かったんですが、それを生かし切れていない。 SFというていでは、色々と詰めが甘いのが気になり、おとぎ話だと思えば、なんとか鑑賞できました。コメディの部分はそれなりに面白かったです。

  • koko

    3.0

    ネタバレポールの自分探し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ssg********

    3.0

    ただものではないコメディ

    アレクサンダー・ペインの仕掛ける人類縮小計画はSFコメディかと思いきや、環境への深いメッセージをこめたものであった。その意味で大きく期待を裏切られるが、助演女優(アジア人)のカラッとした演技で救われる。

  • lam********

    5.0

    社会派SFコメディ

    ツッコミ所満載の設定が、効果的に俯瞰させてくれる。皮肉が笑える人には是非おすすめです。世間、欲望、正義をナナメに見ることが前提です。 大人「風」の鬱屈した男が、自己肯定感を育み「本当の大人」になるお話かなと。 小さな人間達による大きなストーリー展開もあり、見終わった時には「等身大の」愛と優しさがのこります。 良い役者も揃っており、比喩も効いてて大満足でした。重いテーマを軽いタッチでよく描けているなと感服でした。 ごちそうさまでした。

1 ページ/8 ページ中