ここから本文です

否定と肯定 (2016)

DENIAL

監督
ミック・ジャクソン
  • みたいムービー 232
  • みたログ 760

3.68 / 評価:580件

映画自体はあまり面白くない

  • asa***** さん
  • 2017年12月29日 22時16分
  • 閲覧数 1145
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

被告側のみで一方的だから。
演出自体が(当たり前?だが)肯定ありきの作りな気がした
だから否定も(カタチだけで)無いので終始ノッペリとした展開に感じた
大弁護団、資金も潤沢そう
主人公の信念も揺らがない・・安心して見てられる
とあるいざこざの法廷の過程、戦略の攻防を見せられても・・
え、そこ?と思った。
全編興味深く鑑賞できたが、感じ入れなかった。
見ている側の根拠のない当たり前の価値観を揺るがせて貰いたかった
邦題にある、否定する人と肯定する人はどんな人物であったか・・
そこを見たかった。
実在の人物で、それがおよび腰だったのなら、わざわざ映画を使わなくて
いい気がした
検証部分は面白かった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 恐怖
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ